ジャケ買いしたくなる美しさ!鎌倉レザンジュの「プティフールサレ」

ジャケ買いしたくなる美しさ!鎌倉レザンジュの「プティフールサレ」

記事詳細


地元鎌倉産の塩がポイント、一口サイズのプティフール

今回は、ギフトにもピッタリな、鎌倉レザンジュの「プティフールサレ」をご紹介させていただきますね。

ジャケ買いしたくなる美しさ!鎌倉レザンジュの「プティフールサレ」

こちらレザンジュは、鎌倉の姉妹都市であるフランス南の都市、ニースの別荘をテーマに1982年鎌倉の地に開業されました。

 

海と山がのぞめる鎌倉の地形に似たニースには、街の正面に「天使の湾Baie les Anges(ベイレ・ザンジュ)」と呼ばれる港が広がっていて、この美しい湾をイメージして名前が付けられたそうです。

ジャケ買いしたくなる美しさ!鎌倉レザンジュの「プティフールサレ」

パッケージデザインも、フランスのアンティーク缶をモチーフに仕上げられていて、

食べた後も取っておきたくなる美しさですよね!

 

味のポイントとなる塩は、地元鎌倉産の貴重な窯炊き塩を使われており、こだわりの製法で、長きにわたって味を守っていらっしゃいます。

 

鎌倉産の塩に加えチーズやハーブが香り、口に入れるとサクッホロっとした食感も楽しめるプティフールサレ。

 

素敵なパッケージのクッキーを、大切な人にお贈りしてみてはいかがでしょうか。

※掲載情報は 2019/05/31 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
ジャケ買いしたくなる美しさ!鎌倉レザンジュの「プティフールサレ」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

永田かおり

ジュエリースイーツ・デザイナー

永田かおり

みなさまこんにちは、ジュエリースイーツ・デザイナーの永田かおりです。
会社員時代、ふと手にした加藤千恵さんの本に載っていた、ジュエリーのような美しいお菓子の写真に感銘を受け”私も先生のようになりたい!”とお菓子作りに夢中になりました。
月日は流れ今は自分がお伝えする立場に。
リラックスして学んでいただけるように、自宅で主宰する少人数制でサロン形式の教室(K's tableお菓子教室)のモットーは、”ジュエリーのように美しいスイーツが簡単に作れるお菓子教室”です。
2005年に開講したK's tableお菓子教室はみなさまに支えて頂き、今年で12年目に入ります。
その間約7,000名の生徒さんが学ばれ、教室でご紹介したレシピも500を超えました。
レッスンに通って下さる生徒さんの成長や、お菓子を召し上がってくださる方たちの笑顔、そして会社員時代には出会えなかった方々との出会いが、私の宝物です。

著書は、「キャラメルスイーツの本」「家で作れる生スイーツ」「はじめてでも作れるおいしいお菓子」

次へ

前へ