和菓子か洋菓子か迷ったら両取り!“いいとこどり”な和洋菓子の差し入れ

和菓子か洋菓子か迷ったら両取り!“いいとこどり”な和洋菓子の差し入れ

記事詳細


おもてなしスイーツを選ぶ時、和菓子か洋菓子かで迷いますよね。和菓子のきちんと感も魅力的だし、洋菓子のリッチな味わいも捨てがたい…。それなら、和菓子と洋菓子というジャンルを飛び越えた和洋菓子というセレクトはいかが? おもてなしする世代も選ばず、和菓子と洋菓子の“いいとこどり”をしたそのユニークな視点は、思わぬ話のタネになってくれることもあるでしょう。

1:みたらし団子×バターサンド! イラストも愛らしい『梅園』の新たなおやつ

和菓子か洋菓子か迷ったら両取り!“いいとこどり”な和洋菓子の差し入れ

京都・河原町の甘党茶屋『梅園』は、京都で「みたらし団子」というと一番に名が挙がる有名店。その梅園が新しく『梅園oyatsu』という新ブランドを昨年オープンしました。和と洋の素材をうまくミックスさせたお菓子の中でも、注目は「みたらしバターサンド」。バターサンドの中央にみたらし団子の甘辛たれが潜んでいて、さくさくとおいしいクッキーを食べ進めると突然みたらし団子の味わいが広がります。

2:最中×チョコレート! ありそうでなかった口どけ抜群な「Monaショコラ」

和菓子か洋菓子か迷ったら両取り!“いいとこどり”な和洋菓子の差し入れ

2018年4月に京都・東山にオープンした『Chocolaterie HISASHI』。スペシャリテのボンボンショコラや生菓子などが並ぶ中で一際目立つのが、最中の上にチョコプレートをのせた「Monaショコラ」です。中には泡立てられて作られたパフのような食感のショコラがつまっていて、一口噛むと最中の皮の香ばしさの後にふわりと溶け出すショコラの口解けに驚くでしょう。和風の素材とショコラのフードペアリングが素晴らしい一品です。

3:あんこ×チョコレート! 和と洋素材の組み合わせの妙がたまらない「ひと口果子」

和菓子か洋菓子か迷ったら両取り!“いいとこどり”な和洋菓子の差し入れ

とっておきのギフトとしても重宝するのが、銀座にある『HIGASHIYA』の「ひと口果子」。昔ながらの和菓子の雰囲気を残しつつ、洋の空気を纏うどこか斬新なお菓子を詰め合わせています。日本の伝統色の名前をつけたお菓子は、カカオとあんこを合わせた「榛摺(はりずり)」、ブランデーを使った栗菓子「路考茶(ろこうちゃ)」、「柑子(こうじ)」というかぼちゃ菓子にはクリームチーズが入るなど、素材の組み合わせの妙が楽しめます。

4:お餅×マカロン! サクッ、しっとり、もっちりと重なる食感が楽しい和マカロン

和菓子か洋菓子か迷ったら両取り!“いいとこどり”な和洋菓子の差し入れ

栃木県宇都宮市にある和菓子店『高林堂』。そこで見つけたのが「和マカロン」です。見た目はマカロンそのものですが、素材にきなこや黒蜜、黒ごまなどが使われるほか、なんと中にはお餅が隠れています。ひと噛みで儚く崩れるマカロン生地に、しっとりしたあん、そしてもっちりお餅という食感のコントラストも楽しい一品です。

5:ゆべし×モンブラン! 上品で贅沢な味わいに懐かしさがこみあげる「峠モンブラン」

和菓子か洋菓子か迷ったら両取り!“いいとこどり”な和洋菓子の差し入れ

東急大井町線の等々力駅から徒歩3分の住宅街にある、隠れ家のようなパティスリー『パティスリィ アサコ イワヤナギ』。こちらで注目したいのが、峠をモチーフにした「峠モンブラン」。峠をイメージした形もユニークですが、内側の生クリームの中央に置く黒糖のゆべしをアクセントにしているのもなんとも独創的なケーキです。上品な味わいと特徴的ななめらかな口どけの後に、思いがけない不思議な、そしてなつかしい味わいに驚きます。

6:緑茶×ティラミス! 極上のなめらか食感に酔いしれる「絹ごし緑茶てぃらみす」

和菓子か洋菓子か迷ったら両取り!“いいとこどり”な和洋菓子の差し入れ
和菓子か洋菓子か迷ったら両取り!“いいとこどり”な和洋菓子の差し入れ

京都・一乗寺にある『一乗寺中谷』で予約8か月待ち(2019年3月現在)という和洋融合のスイーツが「絹ごし緑茶てぃらみす」です。最高級フロマージュブランに豆乳、白あん、抹茶でまったりと仕上げたムースに、緑茶シロップが染み込んだきめ細かいスポンジ生地を重ねたティラミスは、絹ごし豆腐のようななめらか。表面の生クリームの上には、丹波の小豆、黒豆、うぐいす豆がちりばめられています。

7:あんこ×ケーキ! 老舗和菓子店が発案した“しっとりふわもち”な蒸しケーキ

和菓子か洋菓子か迷ったら両取り!“いいとこどり”な和洋菓子の差し入れ
和菓子か洋菓子か迷ったら両取り!“いいとこどり”な和洋菓子の差し入れ

まるくて可愛いお菓子。一見洋菓子のようですが、大阪の老舗和菓子店『福壽堂秀信』が生み出した創作菓子です。しっとりふわふわ、そして小麦粉にブレンドされた米粉のもたらすモチモチ感がたまりません。特製の生地にはこだわりのあんを練り込み、さらに発酵バターでコクと風味が合わせた贅沢の風味が広がります。蒸しパンのようなケーキのようなやさしい味わいは幅広い世代に愛されています。

8:豆腐×チョコレート! どこまでもなめらかな食感に後味すっきりの「豆腐生チョコ」

和菓子か洋菓子か迷ったら両取り!“いいとこどり”な和洋菓子の差し入れ

佐賀で50年続く『三原豆腐店』が手がけるチョコレート「豆腐生チョコ」。国産大豆を使用して丁寧に作られた絹豆腐とチョコレートをハーフ&ハーフで作っている、その名の通りのチョコレートです。生クリームの代わりにふんだんな豆乳を使い、口どけもよく後味すっきり。なめらかな舌触りとやさしい甘さ、上品な味わいで、通常のチョコレートよりぐっと低脂質と低カロリーなのも嬉しいですね。

※掲載情報は 2019/04/03 時点のものとなります。

  • 7
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
和菓子か洋菓子か迷ったら両取り!“いいとこどり”な和洋菓子の差し入れ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ