耳に残るあのフレーズ!TVCMでおなじみのご当地銘菓

耳に残るあのフレーズ!TVCMでおなじみのご当地銘菓

記事詳細


テレビやラジオで流れるコマーシャルソング。各地方でしか流れないローカルCMでも、ついつい口ずさんでしまうような耳に残るフレーズも多いですよね。今回は一度耳にするとずっと耳から離れないCMソングでおなじみのご当地銘菓を集めました。誰でも知っていると思っていたあのフレーズは、実は地域限定のローカルソングだったかもしれません。地元や世代をバラしたくないという方はご注意を。

1:月に浮かれてポンポコポン〜♪ とろりこ、とける徳島の「金長まんじゅう」

耳に残るあのフレーズ!TVCMでおなじみのご当地銘菓

“♪月に浮かれてポンポコポン〜甘〜いリズムがとろりことけてほ〜らね♪”という歌と共に、人形の狸たちが月の下で踊るというコマーシャルが大きなインパクトを残すのは、昭和12年(1937年)に発売されたロングセラーで徳島銘菓の「金長まんじゅう」。ほろ苦いココア生地の皮、中は自家製の白あんで、昔からずっと変わらぬ味。徳島名産の和三盆が使われていて、濃厚というより上品な甘さが広がります。

 

ブランド名:ハレルヤスイーツキッチン 松茂本店

商品名:金長まんじゅう(お取り寄せ可)

2:ダメダメダメマス〜♪ 印象的なフレーズがたくさんある秋田銘菓「金萬」

耳に残るあのフレーズ!TVCMでおなじみのご当地銘菓

秋田を代表するお土産で、県民で知らない人はいない「金萬」。印象的なフレーズも多く“♪変わらぬ味に真心こめて〜”というベーシックなものから、“♪ダメダメダメマス〜リコ キンマン クェロマス〜”といったラテンバージョンや、“28個タベマシタ”というキャッチフレーズを思い出す人も多いでしょう。はちみつや玉子を贅沢に使用したまろやかな甘さの生地に白あんが包まれ、電子レンジで温めるとよりふわふわ食感が味わえます。

3:カステラ1番、電話は2番〜♪ 踊りだしたくなる関東『文明堂』のカステラ

耳に残るあのフレーズ!TVCMでおなじみのご当地銘菓

住んでいた地域によってテーマソングを変えるのが『文明堂』のカステラ。“♪カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂〜”がおなじみという方は関東在住だったのではないでしょうか。文明堂の発祥である長崎や兵庫では、メロディーやフレーズが変わったものが放送されていたとのこと。二切れパックになった「おやつカステラ」は、味わいはそのままに差し入れにもぴったりなサイズ感。CMでおなじみのキャラクターも健在です。

4:ハーバー、ハーバー♪ レトロ感あるパッケージも郷愁を誘う横浜銘菓「ハーバー」

耳に残るあのフレーズ!TVCMでおなじみのご当地銘菓

はまっ子なら、『ありあけ』の「横濱ハーバー」を見かけると“ハーバー、ハーバー♪”と思わず口ずさんでしまうはず。横浜港の景色をバックに由紀さおりさんの“♪ありあけの〜ハーバー”という声が響くCMは、関東地域限定で流れていたようです。いくつか種類があり、その中でも人気の「ダブルマロン」は船の形状をしたマロンケーキ。横浜をこよなく愛した柳原良平画伯の絵をパッケージにした60年以上の伝統を誇る横浜銘菓です。

5:ミルクたっぷりままの味〜♪ ミルクのやさしい甘さが広がる福島の「ままどおる」

耳に残るあのフレーズ!TVCMでおなじみのご当地銘菓

“♪まま、まま~、ままどおる~、ミルクたっぷりままの味〜”とやさしい歌に聞き覚えがあるなら、福島育ちに違いありません。福島土産の代表格である『三万石』の「ままどおる」は、その歌の通り、やさしい甘さが自慢のお菓子。バターを使った生地でミルク味のあんを包み、ほんわりとした甘さが広がります。「ままどおる」はスペイン語で“乳を飲む子”という意味なのだそう。

6:うまい、うますぎる! 尺八を聴くと語りだしたくなる埼玉銘菓「十万石まんじゅう」

耳に残るあのフレーズ!TVCMでおなじみのご当地銘菓

プォ〜という尺八の音色とともに渋い男性の声が流れるのは、埼玉銘菓の「十万石まんじゅう」のCM。十万石まんじゅうを頬張りながら“風が語りかけます。うまい、うますぎる!”のキャッチフレーズを語りだしたら、おそらく埼玉県民でしょう。北海道十勝地方の小豆のみを厳選し、大粒結晶のザラメ糖であんこを仕上げるなど、素材にこだわりをみせる「十万石まんじゅう」は、そんないぶし銀なCMの印象そのままの実直な味わいです。

7:思わず“ごめーん”と言いたくなる! 一度見たら忘れない博多銘菓「二〇加煎餅」

耳に残るあのフレーズ!TVCMでおなじみのご当地銘菓

福岡土産として親しまれている「二〇加煎餅」を見かけたら、“ごめーん”と言いたくなる方は博多っ子でしょう。“♪たまには〜けんかに負〜けてこい〜”というフレーズもまた、博多っ子なら一度は聞いたことがあるはず。上質の小麦粉と卵をたっぷり使い、こんがり焼きあげた煎餅は、サクサクとした歯ざわりと卵の風味がたまりません。包装の裏側には博多弁の説明まで記載されている地元感たっぷりの博多銘菓です。

※掲載情報は 2019/02/25 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
耳に残るあのフレーズ!TVCMでおなじみのご当地銘菓
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ