これまでにない究極の調味料が現れた!その名も「魔法のカツオ」

  • 8
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

これまでにない究極の調味料が現れた!その名も「魔法のカツオ」

紹介している商品

紹介しているブランド


食べる調味料ブームの仕掛け人たちが提案するベース調味料とは?

これまでにない究極の調味料が現れた!その名も「魔法のカツオ」

魔法のカツオ、という名の一見不思議な調味料がついにリリースされた。これまで多くの個性的な食べる調味料を産み出してきたグループが一年以上の時間をかけて開発。

 

世の中には星の数ほど調味料はある、その中でももっとも味わいの幅広さを実現できるものを言えるかもしれない。

 

なんと表現したらいいのだろう、この味を。ファーストテイストは調味料の80%を占めるカツオの風味だ。ふんわりとした風味の奥にカツオ味の力強さが垣間見えてくる。

 

まずはお豆腐にかけてみよう。イタリアンスパイスによる、ほんのりとしたスパイシーさが食欲を昂らせる。鰹味が豆腐旨みを引き上げていきあっという間に完食だ。

 

カツオは高知・枕崎産の良質なものを選別し、香川県産の本醸造醤油、イタリアの最高級オリーブオイル、数種類のハーブスパイスをブレンドして作られる。

 

魔法のカツオの味わい方は多種多様に楽しめるのも特徴だ。各種オイルとの相性がとてもいいことにまずびっくりする。例えば、オリーブオイルと混ぜ合わせたものをお刺身にかけると、一瞬で極上の和風カルパッチョが完成する。醤油とワサビだけではない新しい味わいが出現する。

 

バターとのコンビネーションも楽しい。溶かしたバターに魔法のカツオを合わせると、バターの旨みが一気に倍増だ。ポークやチキンソテーに添えるとレストランでも味わえないほどの美味しさにきっと驚くだろう。

 

新しい味は様々な素材やスパイスとの組み合わせと調理法から生まれる。それは簡単そうで非常に難しい。無限大の組み合わせの中から科学的に生まれた「魔法のカツオ」。それはもしかしたら、国産調味料の常識を覆すほどのポテンシャルがあるような気がしてならない。

※掲載情報は 2019/01/25 時点のものとなります。

  • 8
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
これまでにない究極の調味料が現れた!その名も「魔法のカツオ」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

嶋啓祐

フードビジネスデザイナー

嶋啓祐

全国の農村漁村をくまなく巡り、そこで使うホンモノの素材を探すことをライフワークにしています。ホンモノはいつも隠れているものです。全国の肥沃な土地で、頑固で不器用な生産者が作る「オーガニックな作品」を見つけて、そこ料理人が少し手を加える。それが「ホンモノの料理」です。注目しているのは島根(出雲、石見、隠岐)、石川(能登)、佐渡、岩手(釜石、紫波、雫石)、宮城(石巻)北海道(網走)など。毎月足を運び、民泊に泊まり、地元の方々とのコミュニケーションを作るのが楽しみです。総合情報サイト、オールアバウトでフレンチを書き続けて13年になり、書いた記事は380本に上ります。趣味は全国の神社巡りとご朱印集め。自然豊かな日本全体が食の宝庫です。自然、風土、生産者、素材、そして流通と料理人とその先にいる顧客。食に関わるすべての方が幸せになるような「デザイン」を仕事にしています。1963年に北海道は砂川(日本一美味しいお米がとれる)で生まれ、18歳上京。大好物はイクラ、クレソン、納豆、ハーブ、苦手なのは天津丼(食べたことがない)、奈良漬、豚足、酢豚、焼酎。

次へ

前へ