ここでしか味わえない!シャンパンとも相性のいい「ラングル・オー・コアントゥロー」

ここでしか味わえない!シャンパンとも相性のいい「ラングル・オー・コアントゥロー」

記事詳細


紹介している商品


他では味わえない厚さと美味しさが味わえるチーズ

ここでしか味わえない!シャンパンとも相性のいい「ラングル・オー・コアントゥロー」

チーズは普段からお菓子やワインのおつまみなどでも食べています。この秋に限定で販売する「ガトーフロマージュ・ブルー」は大人のチーズケーキとして、ゴルゴンゾーラ・ピカンテやクリームチーズを「ガトーフロマージ使っており、酒とも一緒に楽しめるようになっています。

 

普段から機会があれば色々なチーズを食べるようにしていますが、最近食べた中でとても気に入っているチーズを紹介いたします。

ここでしか味わえない!シャンパンとも相性のいい「ラングル・オー・コアントゥロー」
ここでしか味わえない!シャンパンとも相性のいい「ラングル・オー・コアントゥロー」

先日、同業者の方と一緒にバーベキューを行いました。それぞれ持ち寄りの形で行ったのですが、その際に選んだチーズが『ユーロアール』さんで販売している「ラングル・オー・コアントゥロー」でした。職業柄、美味しいものには目のない方が多いので、事前にいくつか購入した中では「ラングル・オー・コアントゥロー」が今まで食べたチーズの中でもダントツに美味しかったです。

ここでしか味わえない!シャンパンとも相性のいい「ラングル・オー・コアントゥロー」

このチーズは、『ユーロアール』さんでしか食べられないチーズです。

ここでしか味わえない!シャンパンとも相性のいい「ラングル・オー・コアントゥロー」

オーナーの鈴木 荒太さんは、フランスでチーズ生産者のもとで熟成管理の経験を積んできたそうです。中でも「ラングル・オー・コアントゥロー」は、鈴木さんが作り出したチーズで、北ブルゴーニュからシャンパーニュ地方にかけて作られている牛乳製ウオッシュタイプチーズ「ラングル」を、オレンジのリキュール「コアントゥロー」で洗い込んでいるそうです。

 

他のチーズでは味わえない濃厚さと美味しさが味わえ、シャンパンと一緒に食べても美味しく、バーベキューではバゲットに挟んでいただきましたが、とても美味しく贅沢なサンドイッチになりました。

 

どの素材と合わせても楽しい時が過ごせる、とっても贅沢なチーズです。


店舗名:ユーロアール
郵便番号:152-0001
住所:東京都目黒区中央町2-35-17
電話番号:03-5768-2610

ラングル・オー・コアントゥロー

ユーロアール 住所:152-0001 東京都目黒区中央町2-35-17

※掲載情報は 2018/10/17 時点のものとなります。

  • 7
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
ここでしか味わえない!シャンパンとも相性のいい「ラングル・オー・コアントゥロー」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

齋藤由季

パティスリー・パクタージュ オーナー・パティシエール

齋藤由季

東京都出身。幼い頃よりお菓子づくりに興味を持ち、パティシエを志す。15歳から研修を始め、食物課のある高校に進学。卒業時に調理師免許を取得し、代官山のパティスリー「シェ・リュイ」、「パティスリープラネッツ」ではオープニングスタッフとして経験を積み、23歳で渡仏。フランス南部、モンペリエにある2つ星レストラン「Le Jardin des Sens(ル・ジャルダン・デ・サンス)」のパティスリー部門、「サブール・シュークル・ドゥ・ジャルダン・デ・サンス」、リヨンの老舗パティスリー・ショコラトリー「Rene MONTHERAT(ルネ・モンテラ)」などにて修行。合計4年間をフランスで過ごし、フランス伝統菓子を学ぶ。帰国後は、銀座「パティスリー・ミツワ」の開業に携わった後、自由が丘「パリ・セヴェイユ」に勤務。2011年より、東京・南品川『Patisserie Les Cinq Epices(パティスリー「レ・サンク・エピス」)』の開業より、シェフ・パティシエールを務め 、2013年3月玉川学園前に『patisserie PARTAGE(パティスリー・パクタージュ)』をオープン。

次へ

前へ