絶品!半世紀続く無農薬・有機肥料の土壌から生まれる徳重紅梅園の3年熟成「梅干し」

絶品!半世紀続く無農薬・有機肥料の土壌から生まれる徳重紅梅園の3年熟成「梅干し」

記事詳細


紹介している商品


一粒にみなぎるパワー!!在来品種の梅 “鶯宿梅”の「梅干し」

6月、梅雨のシーズンになりました。ちょうど各地で梅の実が熟して収穫をむかえる頃ですね。ということで今回は、ぜひ食べてみていただきたい、とっておきの「梅干し」をご紹介したいと思います!

絶品!半世紀続く無農薬・有機肥料の土壌から生まれる徳重紅梅園の3年熟成「梅干し」

宮崎県都城市で梅の栽培、加工を営む『徳重紅梅園』さん。“食べ物はすべて土から生まれ土に還る”という理念の元、自然の摂理に沿った農業と、昔ながらの製法で梅干し作りをされています。
50年以上にわたり無農薬・有機肥料で作り上げたふかふかの土壌の自家梅園には、在来品種 “鶯宿梅(おうしゅくばい)”の梅の木が植えられていて、自然と共生するように力強く育っています。

絶品!半世紀続く無農薬・有機肥料の土壌から生まれる徳重紅梅園の3年熟成「梅干し」

梅干しの原料は“鶯宿梅”の梅に自家栽培のシソ、天日干しの海水塩だけ。
ゆっくりと3年間熟成させて作る、昔ながらの梅干しです。

 

この梅干しが、本当に美味しい!! 昔の梅干しらしく塩気も酸っぱさもあるのですが、それがなんともまろやかで、まさに良い塩梅。酸っぱいのだけれど、思わず口をすぼめるような強い酸っぱさのちょっと手前……という感じ。なんとも絶妙です。

絶品!半世紀続く無農薬・有機肥料の土壌から生まれる徳重紅梅園の3年熟成「梅干し」

そして何より、私がこの梅干しを食べていちばん感じたのが「大地のいのちのパワーがある!」ということ。これはとても感覚的なことですが……。体に染みわたって内側から力が湧くような、なんだか元気になれる感じ!
実際、この梅干しは、成分分析でも標準よりもかなり高い栄養価を示しているそうで、なんと鉄分は9.9倍! ビタミンB2、ビタミンE、葉酸は5倍など、ミネラルをたっぷり含んでいることが分かっています(※)。呼吸をしている有機の大地、土が生きているからこそ、パワーがみなぎる梅干しになるのでしょうね。
※財団法人 日本食品分析センター分析試験成績 No.第405080361‐001号
「梅干の日本食品標準成分 『5訂版』 と紅梅園梅干の成分比較」(http://www.koubaien.com/seibun/index.htm

絶品!半世紀続く無農薬・有機肥料の土壌から生まれる徳重紅梅園の3年熟成「梅干し」

ミネラルが多いため、皮が少し固めでシソ漬けしても真っ赤には染まらないそうですが、旨みと栄養がギュッとつまったこだわりの梅干し。
白いごはんやお茶漬けなど、シンプルにその美味しさを堪能したくなる逸品です!

紹介しているお店
徳重紅梅園

※掲載情報は 2018/06/01 時点のものとなります。

  • 7
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
絶品!半世紀続く無農薬・有機肥料の土壌から生まれる徳重紅梅園の3年熟成「梅干し」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

天谷ゆか

フリーアナウンサー、ごはんソムリエ

天谷ゆか

福井県生まれ。福井放送(株)元アナウンサー。現在はフリーアナウンサー、ナレーターとして活動中。
 
着物の楽しさと、オーガニックコットンの心地よさや大切さを伝えるため、オーガニックコットンの木綿着物ブランド「るるん」立ち上げ、デザイン、プロデュースを手掛ける。

「食」への関心も高く、NPO法人 青果物健康推進協会所属の「ベジフルティーチャー」として、食生活の向上や食育、農業支援の活動にも積極的に参加。さらに、「ごはんソムリエ」の資格を取得。ごはんを中心とした和食の良さを伝えている。

趣味は、茶道、書道(四段)、ごはんの食べくらべ、日本酒、断捨離。

次へ

前へ