その魅力に虜になる!まだ見ぬ絶品いちごスイーツを求めて

その魅力に虜になる!まだ見ぬ絶品いちごスイーツを求めて

記事詳細


今の季節はいちごの旬まっさかり。いちごを使ったスイーツには今時期しか味わえない期間限定商品が多い一方で、一年中楽しめるいちごスイーツも存在します。今回は特に「地元では有名だけど他の地方の人には知られていない」という絶品いちごスイーツを集めてみました。希少な品種のいちごを使ったものから、そのお店でしか買えないオリジナルスイーツまで。誰もが笑顔になれる不思議な魅力を持ついちごを使ったスイーツ。春の手土産に選ばない手はありませんね。

ありそうでなかなかない!さらっとしたテクスチャーのいちごソース

その魅力に虜になる!まだ見ぬ絶品いちごスイーツを求めて
その魅力に虜になる!まだ見ぬ絶品いちごスイーツを求めて

静岡市内にある農園カフェ「なかじま園」は、お店に隣接するハウスで栽培されたいちごを惜しげもなく使ったスイーツが、一年中楽しめる地元の有名店。特に冬〜春の今時期は朝採れの完熟いちごを使ったスイーツが提供されています。テイクアウト商品も充実している中、日持ちがしてお土産にもぴったりなのが「真っ赤なソース いちごのしずく」。カフェで使っているソースを商品化したもので、プレーンヨーグルトに合わせたり、そのままソースとして使える、さらりと軽いテクスチャーが特徴です。「なかじま園」は新東名高速道路静岡SAより車で5分の場所にあり、ソースやジャムがオンライン購入も可能です。

希少いちご「越後姫」の恵みを丸ごと味わう!佐渡生まれのコンポート

その魅力に虜になる!まだ見ぬ絶品いちごスイーツを求めて
その魅力に虜になる!まだ見ぬ絶品いちごスイーツを求めて

新潟県佐渡市は沖縄本島に次ぐ広さを持つ島なので、温暖な気候の土地ではレモンやみかんが栽培され、冷涼な土地ではりんごも育つという食に恵まれた特徴があります。そんな佐渡産のフルーツでコンポートを作っているのが「平山農園」です。佐渡が誇る香り高い洋梨「ルレクチェ」、ブルーベリーなど、パティシエの修行経験を持つ平山実里さんが作るフルーツコンポートは、赤ワインや白ワインも使いながら、絶妙な甘味と酸味のバランスが楽しめます。中でも、希少ないちご「越後姫」を使っているのが「越後姫+赤ワイン」。いちごの粒がゴロゴロと飛び出す贅沢なコンポートは、フレッシュとはまた違う美味しさが味わえます。

ふわっふわ!ピンク色が可愛らしいチーズケーキ「博多いちごフロマージュ」

その魅力に虜になる!まだ見ぬ絶品いちごスイーツを求めて
その魅力に虜になる!まだ見ぬ絶品いちごスイーツを求めて

昭和43年に長崎県佐世保市で開店した「赤い風船」は美味しいチーズケーキで知られています。九州では「赤い風船といえばチーズケーキ」といわれるほど、カットしたパインを載せて焼き上げたふわふわのスフレチーズケーキは有名なのだとか。その後、チーズケーキはバリエーションを増やし、福岡産の「博多あまおう」を使った「博多いちごフロマージュ」も登場しました。コクのあるベイクドチーズケーキの上に、いちごの層を重ねたピンク色のチーズケーキです。いちごの層は、あまおうのコンフィチュールとフリーズドライをフロマージュムースに合わせたもの。口に入れるといちごの香りと甘味が広がり、それに続くチーズのまろやかさが楽しめます。冷凍でのお取り寄せも可能です。

ここでしか味わえないオリジナルスイーツ!「オザワ洋菓子店」の「イチゴシャンデ」

その魅力に虜になる!まだ見ぬ絶品いちごスイーツを求めて
その魅力に虜になる!まだ見ぬ絶品いちごスイーツを求めて

本郷三丁目駅のそばある創業1964年の「オザワ洋菓子店」。こちらの名物は「イチゴシャンデ」。見た目はキノコ型のチョコレートのように見えますが、土台のクッキーにフレッシュいちごと生クリームを盛って、チョコレートで丸ごとコーティングしたオリジナルスイーツです。名前の理由は、シャンデリアみたいな形だから。店頭のみでの販売で、夕方には売り切れることもある人気商品です。初めて見るとそのインパクトのあるビジュアルに驚くことでしょう。生菓子なので遠方へのお土産には不向きですが、一年中楽しめるのでチャンスを見つけて是非ゲットしてみてくださいね。

驚くほどいちごそのものの味わいが楽しめる洋風和菓子「いちご夢二」

その魅力に虜になる!まだ見ぬ絶品いちごスイーツを求めて
その魅力に虜になる!まだ見ぬ絶品いちごスイーツを求めて
その魅力に虜になる!まだ見ぬ絶品いちごスイーツを求めて

昭和23年に創業の岡山を代表する老舗和菓子店「竹久夢二本舗 敷島堂」。こちらでは、岡山出身の画家・竹久夢二にちなんだお菓子が揃っていて、新商品として登場したのが「いちご夢二」です。洋風和菓子という言葉がぴったりで、しっとりした生地の内側にはいちごのコンフィチュールがぎっしり。着色料や香料を使っておらず、できるだけ熱を加えずに煮ることで、いちごの酸味や風味を極力生かすよう工夫されています。いちご柄の真っ赤なパッケージデザインは、岡山出身の世界的デザイナー・水戸岡鋭治さんによるもの。岡山土産としてはもちろん、通年楽しめるいちごスイーツとしてお取り寄せも可能です。

何から何まで可愛い!横浜と日本橋でしか買えない「オードリー」の「グレイシア」

その魅力に虜になる!まだ見ぬ絶品いちごスイーツを求めて
その魅力に虜になる!まだ見ぬ絶品いちごスイーツを求めて

横浜と日本橋の高島屋にお店がある「オードリー」は、フレッシュとセミドライいちごを使ったスイーツの専門店。全国でもこの2か所でしか買えないため、連日行列と売り切れ続出の超人気店でもあります。その理由の一つが、一度見れば二度と忘れない可愛らしいビジュアルとパッケージ。特に、ブーケのようにいちごとクリームをチュイールで包んだ「グレイシア」は、形のかわいらしさと美味しさ、個包装に加えて日持ちが1か月以上ということもあってプレゼントにも最適。女性への東京土産としても確実に喜ばれる魅力いっぱいの商品です。ミルク味とチョコレート味の2種類があり、箱入り、缶入りなどバリエーションも豊富。ちょっと遠回りしてでもゲットしたい、いちごスイーツです。

※掲載情報は 2018/03/23 時点のものとなります。

  • 9
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
その魅力に虜になる!まだ見ぬ絶品いちごスイーツを求めて
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ