生産が追いつかないほど大人気!4時間ローストした『ヌークスフーズ』の優秀ナッツ

生産が追いつかないほど大人気!4時間ローストした『ヌークスフーズ』の優秀ナッツ

記事詳細


紹介している商品


世の中には、食べ始めたら止まらなくなるような魅力的な食べ物がたくさんあります。「ハッ!!」と、気がついた時には残りがひとつ……。あっという間に無くなってしまうこともあるでしょう。

生産が追いつかないほど大人気!4時間ローストした『ヌークスフーズ』の優秀ナッツ

『ヌークスフーズ』のミックスナッツがまさにそれです。じっくり4時間、低温で焼き上げられたナッツは香りが抜群。ナッツ自体がおいしいことはもちろん、10種類ほどあるナッツとフレーバーの組み合わせが絶妙で、ついつい手が伸びてしまいます。私はいろいろなフレーバーを味わいたいので、あえて40gほどが入っている小さいサイズを選んで楽しんでいます。このサイズはカバンに入れてもかさばらず、仕事の合間に食べるのにもぴったりなのです。

おすすめは「ハニーメープルナッツ」

ナッツは群馬県にある工場で4時間かけてローストしたもの。香りの良さに加えて食感の良さもたまりません。

生産が追いつかないほど大人気!4時間ローストした『ヌークスフーズ』の優秀ナッツ

「ハニーメープルナッツ」は、アーモンド、カシューナッツ、ペカンナッツ、クルミ、マカデミアナッツの5種類。ハチミツとメープルシロップでコーティングされていて、噛むたびにナッツの香ばしさ、優しい甘みが口いっぱいに広がります。食感も軽くて食べやすい!

 

この「ハニーメープルナッツ」は同店の人気NO.1! 店舗に並べればすぐに品切れになってしまい、通常行っているオンライン販売分まで製造が追いつかず掲載はなかったのですが、オーブンを増設したことで見事に解消。遠方のファンには嬉しい知らせですね。

アルコールのお供には「スモークミックスナッツ」

『ヌークスフーズ』では、可能な限りオーガニックの素材を使用しています。

生産が追いつかないほど大人気!4時間ローストした『ヌークスフーズ』の優秀ナッツ

「スモークミックスナッツ」には、アーモンド、カシューナッツ、クルミ、ピスタチオの4種類が入っています。ナッツは塩で味をつけてから焼成。桜とホワイトオークの2種類のチップで低温燻製しているとのことです。封を開けた瞬間からスモーキー! 食べてもスモ―キー! これはアルコールにぴったりです。ビール党の私ですが、ウイスキーと一緒に食べてもよさそう。

ナッツが苦手?それならばドライフルーツはいかが?

ナッツ以外にも、ドライフルーツの取り揃えも魅力なんです。中でもおすすめが「プレミアム ドライクランベリー」。

生産が追いつかないほど大人気!4時間ローストした『ヌークスフーズ』の優秀ナッツ

食感がしっかりあって、酸味や甘みのフレッシュさをキープしています。このクランベリーはヨーロッパのラトビア産。澄んだ空気、清らかな水、と自然環境の恵まれた土地で手摘みされたクランベリーは色も鮮やかです。自己満足ですが女子力が高まりそう。

 

『ヌークスフーズ』は元々カフェを営んでいたのですが、提供していたグラノーラが評判となり、専門店としてリニューアルされました。もちろんグラノーラがおすすめなのですが、私はいつでもどこでも食べられるナッツに夢中になってしまったのです。

 

商品は東京・渋谷区にある店舗のほかに、通信販売でも購入可能なのでHPもぜひご覧になってくださいね。これから迎える行楽シーズン。おでかけのお供にもぜひ!

 

※掲載情報は 2018/03/17 時点のものとなります。

  • 13
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
生産が追いつかないほど大人気!4時間ローストした『ヌークスフーズ』の優秀ナッツ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

伊能すみ子

アジアンフードディレクター

伊能すみ子

アジアンフードディレクター/1級フードアナリスト 舞台制作や民放気象番組ディレクターを経て、食の世界へ。調理師専門学校で調理、食文化を学びながら、食の専門家であるフードアナリストとして活動を開始。メディアを中心に飲食情報の提案やアジア各国料理の執筆、講演、講師、レシピ制作などを行う。     
「ASEAN食のコンシェルジュ」、「タイフードコンシェルジュ」、「カンボジア旅のリポーター」などの肩書を持ち、食と旅の提案も手がける。年に数回、アジア諸国を巡り、屋台料理から最新トレンドまで、現地体験を専門webサイトにて多数掲載。書籍『専門店が教える スパイスの基本』(PHP研究所)では、レシピを担当。日本にいながらも他のアジア諸国のおいしい料理を楽しめるような、環境作りを目指す。

次へ

前へ