一度は行きたいお伊勢参り!伊勢神宮参拝で買って帰りたい伊勢土産

一度は行きたいお伊勢参り!伊勢神宮参拝で買って帰りたい伊勢土産

記事詳細


今では定番となった旅行土産ですが、その起源は三重県の伊勢神宮ということはご存知でしょうか。参拝に訪れた人が、行けない人のために持ち帰ったお札を貼る板“宮笥(みやげ)”がそのはじまりと言われています。江戸時代より“一生に一度はお伊勢参り”と言われるほど、信頼できるパワースポットとして今の時代まで親しまれてきました。今回は、伊勢神宮で初詣を考えている人のために、伊勢土産を集めました! ぜひご活用ください。

出来たては現地ならではの楽しみ! 今も昔も伊勢を代表する名物土産「赤福餅」

一度は行きたいお伊勢参り!伊勢神宮参拝で買って帰りたい伊勢土産
一度は行きたいお伊勢参り!伊勢神宮参拝で買って帰りたい伊勢土産

伊勢神宮の門前町“おかげ横丁”にある『赤福本店』は、宝永4年(1707年)創業で300年以上続く老舗。伊勢土産を代表する「赤福餅」ですが、創業当時は黒砂糖を使ったこってりとした甘さの餡をのせていました。現代の甘さ控えめでキメ細やかな餡の原点となったキッカケは、昭憲皇太后へ献上するため。貴重品であった極上白砂糖を使用して餡を炊き上げ、その味わいが評判となったのだそう。お店ではぜひ出来立てを楽しんで。

お酒の香りを纏ったモチモチ食感! 経木に包まれた一口サイズの「酒素饅頭」

一度は行きたいお伊勢参り!伊勢神宮参拝で買って帰りたい伊勢土産
一度は行きたいお伊勢参り!伊勢神宮参拝で買って帰りたい伊勢土産

伊勢神宮と合わせて訪れる人も多い夫婦岩が有名な伊勢市二見町。そこで1913年から店舗を構える『旭家 酒素饅頭製造本舗』の商品は、米糀を使う本格的な酒まんじゅう「酒素饅頭(さかもと饅頭)」のみ。酒や酒粕ではなく、自然発酵させた米糀を使っている生地はモッチモチの食感で、北海道産小豆を100%使用した自家製つぶしあんを包んでいます。味のある包みをあけるとふわっと酒の香りが漂います。

もっちりやわらかい! 400年以上愛されているシンプルで素朴な「二軒茶屋餅」

一度は行きたいお伊勢参り!伊勢神宮参拝で買って帰りたい伊勢土産
一度は行きたいお伊勢参り!伊勢神宮参拝で買って帰りたい伊勢土産

古くより伊勢神宮への参宮客が旅の疲れを癒すために立ち寄ったことから、今も伊勢神宮の周辺には餅屋や甘味処が軒を連ねています。その中のひとつが天正3(1575)年創業の『二軒茶屋餅 角屋本店』です。歴史を感じる日本家屋のお店に並ぶのは、餡の周りを餅で包んできなこをまぶした非常にシンプルな和菓子「二軒茶屋餅」のみ。とにかくお餅がやわらかく、きな粉と餡が上品に絡み合います。400年続く味わいをみてはいかがでしょう。

パリッと香ばしい! 新年のご挨拶にもふさわしい幸福と長寿を願う「老伴」

一度は行きたいお伊勢参り!伊勢神宮参拝で買って帰りたい伊勢土産

伊勢市からほど近く、伊勢参りの参拝客でにぎわうことから“餅街道”とも呼ばれる老舗菓子店の多い松坂市。その松坂市を代表する銘菓として親しまれているのが、『柳屋奉善』の羊羹のような餡を最中の皮ではさんだ和菓子「老伴(おいのとも)」です。糖蜜でコーティングされていて、パリッと香ばしい皮の風味とともに、紅く色づけた白あんの上品な甘みが特徴。幸福と長寿を表現している縁起が良い和菓子はご進物品としても定番です。

不揃いの年輪がよりリアル! 伊勢神宮の御神木をイメージしたバウムクーヘン

一度は行きたいお伊勢参り!伊勢神宮参拝で買って帰りたい伊勢土産

伊勢志摩サミットで振る舞われたお菓子のひとつで、三重県の県の木であり、鉾杉と呼ばれる伊勢神宮の御神木のことを指す「神宮スギ」という名を冠したバウムクーヘン。発酵バターに有機卵、純正生クリームに天然のバニラなど厳選材料を丁寧に一層ずつ手作業で仕上げています。手作りのため不揃いになる年輪がよりリアルな杉の木のようです。元記事では、「神宮スギ」との相性も良い日本酒「黒松翁 秘蔵古酒1998」も紹介しています。

ついつい手が出る! 伊勢志摩の海の恵みがしっかりを感じる「伊勢志摩漁師あられ」

一度は行きたいお伊勢参り!伊勢神宮参拝で買って帰りたい伊勢土産
一度は行きたいお伊勢参り!伊勢神宮参拝で買って帰りたい伊勢土産

三重県度会郡紀勢町出身の俳優の小倉久寛さんが、“おふくろの味”と感じるのはなんと“あられ”なのだそう。スーパーでもあられが棚を占領していることも珍しくないほど、どの家庭でもあられを良く食べる地域で育った小倉さんがリピ買いしているのが、「伊勢志摩漁師あられ」。国産餅米を使用したあられには、厳選した伊勢志摩の海の幸を練り込み、素材の風味がしっかりと感じられます。いか、えびしお、あおさの3種類あります。

米麹でまろやかさを演出! 三重県産大豆と小麦を杉桶で仕込む「伊勢むらさき」

一度は行きたいお伊勢参り!伊勢神宮参拝で買って帰りたい伊勢土産

先にもご紹介した『二軒茶屋餅角屋店』では、大正12年からは醤油づくりを手がけ、平成9年からは『伊勢角屋麦酒』を立ち上げビールづくりもスタートしています。数ある商品の中でも、伊勢土産にぴったりなのが三重県産の大豆や小麦を原料に杉桶で仕込みをした濃口醤油「伊勢むらさき」で、それをベースに三重県産のゆず果汁を使った「伊勢ぽん酢」や、鳥羽産の牡蠣のうま味を凝縮した「牡蠣しょうゆ」も合わせてチェックしてみて。

※掲載情報は 2018/01/10 時点のものとなります。

  • 18
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
一度は行きたいお伊勢参り!伊勢神宮参拝で買って帰りたい伊勢土産
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ