食べ過ぎ飲み過ぎが続いたら!胃にマイルドで体を労わる癒し系フード

食べ過ぎ飲み過ぎが続いたら!胃にマイルドで体を労わる癒し系フード

記事詳細


年末から年始は何かと外食の機会が続くもの。このあたりでちょっと胃を休めたいかな…という時に重宝するのが、自宅で手軽に食べられて、栄養補給もできるお粥やスープ類。二日酔いや食欲が落ちている日でも、するっと食べられて胃がもたれない、それでいて体も温まる…とんな癒し系フードをご紹介します。

玄米だから栄養もしっかり補給!常温でも美味しい「京だし玄米粥」

食べ過ぎ飲み過ぎが続いたら!胃にマイルドで体を労わる癒し系フード
食べ過ぎ飲み過ぎが続いたら!胃にマイルドで体を労わる癒し系フード

江戸寛政年間から続く、京都にある老舗のお米店「八代目儀兵衛」の「京だし玄米粥」は、五つ星お米マイスターである店主が選び抜いた玄米を使っているのが特徴です。使われている玄米は、島根県産特別栽培米きぬむすめ。お粥にした時に玄米本来の甘みとふんわりとした食感が残ります。これに、利尻産天然昆布、焼津産本枯れ鰹節などを合わせたダシを加え、じっくりと炊き上げています。プレーンのほか、生姜と野菜、梅とひじき、小豆と黒米など全部で8種類。ビタミンやミネラル、食物繊維がたっぷりで低脂肪、温めても常温のままでも美味しく食べられます。

お湯を注ぐだけで具沢山のお吸い物やお味噌汁が完成!金沢名物「宝の麩」

食べ過ぎ飲み過ぎが続いたら!胃にマイルドで体を労わる癒し系フード
食べ過ぎ飲み過ぎが続いたら!胃にマイルドで体を労わる癒し系フード

石川県では昔からお麩を使った料理が多く、麩の専門店として知られているのが金沢に本店のある「不室屋」です。結婚式の引き出物や贈答品、金沢土産としても人気なのが「宝の麩」シリーズ。最中のような麩の皮に少し穴を開けてお湯を注ぐと、器の中で麩が溶け、中から小さな花麩や野菜などの具材がたっぷり出てくるお吸い物・お味噌汁です。それぞれ花麩や具材が異なり、年始には金沢の人がお正月に食べる和菓子「福梅」と見た目がそっくりの「ふく梅」も登場します。皮の部分もお麩ですから、お湯を注いだ後もそのまま具材として食べられます。

食べたい時にすぐ食べられる!「ホテルオークラ」の上品で優しい味わいのおかゆ

食べ過ぎ飲み過ぎが続いたら!胃にマイルドで体を労わる癒し系フード
食べ過ぎ飲み過ぎが続いたら!胃にマイルドで体を労わる癒し系フード

料理が美味しいホテルの代名詞的な存在である「ホテルオークラ」。オンラインショップでも購入可能なオリジナル商品を数多く展開していることでも知られています。今回ご紹介するのは、「和食堂 山里」のお粥シリーズ。富士山の名水を使い、コシヒカリの米粒をくずさないように炊き上げられています。プレーンな「おかゆ」には特製あんが付いていて、梅干しが一粒入った「梅がゆ」、卵を溶いた「玉子がゆ」もあります。贈答品としてだけではなく、簡易包装の自宅用もあるので、保存食として常備しておくのもおすすめです。

細胞レベルで生き返る?!疲れた体にパワーチャージ「すっぽんの煮こごり」

食べ過ぎ飲み過ぎが続いたら!胃にマイルドで体を労わる癒し系フード
食べ過ぎ飲み過ぎが続いたら!胃にマイルドで体を労わる癒し系フード

京都の老舗料亭「和久傳」の「すっぽんの煮こごり」は、すっぽんを水と酒だけで長時間じっくりと煮て純粋なうまみを引き出し、しょうゆと生姜で風味をつけたシンプルなもの。もともと、毎日忙しい大女将のために作っていたのが始まりなのだとか。滋養強壮で知られるすっぽんは、専門店や高級店へ行かなければなかなか口にできない食材ですが、好き嫌いが分かれる食材でもあります。このようなスープとしてもいただける煮こごりなら、すっぽんのエキスだけを手軽に食べられますね。味は淡白ですが、コラーゲンはたっぷり。長期保存が可能なレトルトタイプです。

あの「養命酒」の会社がプロデュース!フリーズドライのお粥「五養粥」

食べ過ぎ飲み過ぎが続いたら!胃にマイルドで体を労わる癒し系フード
食べ過ぎ飲み過ぎが続いたら!胃にマイルドで体を労わる癒し系フード

低カロリーなのにお味はしっかり、しかも化学調味料は不使用。しかも、和漢食材を使った薬膳の効能にも期待できる。それがフリーズドライの「五養粥」シリーズ。あの養命酒を作っている会社がプロデュースしている商品です。食べ方は袋から中身を取り出して器に入れ、熱湯を注いでかき混ぜるだけ。フリーズドライ製法も日々進化していて、程よい噛み応えがあり、香りや色、栄養もほとんど損なわずに、美味しくて本格的な五穀粥が楽しめます。時間がない、食欲がない、ダイエット中など、様々なシーンで重宝します。

ほんのり甘い優しい味わい!自然栽培米の玄米から作られるお粥の缶詰

食べ過ぎ飲み過ぎが続いたら!胃にマイルドで体を労わる癒し系フード

岩手県盛岡市の自然栽培農家・田村さんが作っているお米「亀ノ尾」。その美味しさを長期保存可能なお粥にした缶詰が「田村さんちの玄米粥」です。亀ノ尾は、現在は生産者が少なくなっていますが、明治時代から受け継がれる自然栽培米なのだそう。玄米粥にはほんのりした甘味があり、少量で満足感が得られる他、栄養も豊富。解毒作用や便秘解消にも期待できる、とってもヘルシーな食材です。缶詰を開ければそのまま食べれるので、忙しい朝ごはんにぴったり。胃腸への負担も少なく、食欲がないときでもしっかり栄養補給できます。都内では神楽坂にある八百屋さん「瑞花」で取り扱いがあります。

※掲載情報は 2018/01/08 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
食べ過ぎ飲み過ぎが続いたら!胃にマイルドで体を労わる癒し系フード
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ