米と麹を使ったこの時期だけのとっておき!「米粉のシュトーレン」

米と麹を使ったこの時期だけのとっておき!「米粉のシュトーレン」

記事詳細


紹介している商品


自然素材の甘みが引き立つ“日本一”のシュトーレン

皆さま、こんにちは。
料理研究家/食のトータルデザイナーの小野孝予です。

 

今年も物凄いスピードで過ぎ去り、何ともう12月ではないですか?!
時が過ぎる速さに、もうもうびっくりの私です。

 

忙しい12月ではありますが、やはり忘れてはならないのはクリスマスです。クリスマスはイルミネーションで華やいだ街が賑わって、気分が高揚して大好きな時期です。

 

そこで今回はクリスマスに是非皆さまにお勧めしたい、小麦粉、卵、白砂糖、添加物不使用の「米粉のシュトーレン」をご紹介したいと思います。

 

このシュトーレンを作っている『T.sweets.Labo』さんは、「Tender(優しい)」、「To be happy(幸せになる)」をコンセプトに身体に優しく、身体に美味しいスイーツやジャムの開発・製造をしているそうです。食の安心を大前提に、日本人が昔から親しんでいたお米や糀を使用した、本当の健康を考えたスイーツを作っています。

 

この度ご紹介するシュトーレンも「日本一美味しい」を目指して、貴重な国産食材を集めて作った『T.sweets.Labo』オリジナルなのですが、使われている食材はすべてHPや届いた時に添付されているパンフレットにも書かれています。時間があれば、ぜひ皆さまもHPをご覧ください。

 

こんなにこだわりの国産食材を使い、ここまで詳しく素材を明記していることは、本当に素晴らしい取り組みです。さらに、このシュトーレンには惜しみなくドライフルーツやナッツがぎっしりと詰まっているところも嬉しいです。シュトーレンなのでもちろん甘いのですが、その甘さが砂糖というよりもドライフルーツだったり、麹の甘さだったり、自然素材からの甘さが引き立っていてとても美味しいです。

米と麹を使ったこの時期だけのとっておき!「米粉のシュトーレン」

シュトーレンの楽しみ方は、クリスマスの4週間前頃から毎日薄く切ったひと切れを食べながら、クリスマス当日を待つことだそうです。

 

そんな訳で、呑み助の私の楽しみ方はやはりこんな感じになりますかね……。 甘いシュトーレンに鹿肉のサラミとコンテチーズを合わせて、赤ワインを頂く。ビーツ入りの豆スープでクリスマス風を演出してみました。ホットワインとも合わせてみたい!

米と麹を使ったこの時期だけのとっておき!「米粉のシュトーレン」

ラッピングはこのような感じで、まったく和の雰囲気を感じない見ためです。左がフルサイズ、右が2/3サイズです。

 

クリスマスまでの時間を楽しむには、すぐに手に入れないとですよ。予約終了の前にお急ぎくださいませ。

※掲載情報は 2017/12/06 時点のものとなります。

  • 8
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
米と麹を使ったこの時期だけのとっておき!「米粉のシュトーレン」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

小野孝予

料理研究家/食トータルデザイナー

小野孝予

株式会社クオリア取締役社長 料理教室クオリア主宰  
航空会社在職中、各地滞在先で様々な本場の味や食材に出会い、食の世界に興味を抱く。また田崎真也氏に師事してソムリエ、きき酒師の資格を取得。退社後は料理学校、フードコーディネーター養成スクール、テーブルコーディネートスクールにて食全般に関する知識を深める。2006年より横浜市青葉区の自宅で、家庭料理をテーマにしたサロン形式の料理教室を主宰。スーパーで買える食材と調味料を使って作る健康に配慮したメニューを、日本文化の特徴である季節感、気配り、おもてなしの心を取り入れたアイデアで提案。教室へは30代~60代を中心とした主婦層が中心に、延べ3,000人以上の生徒が訪れる。一方、ソムリエ、チーズプロシェッショナルとしてワインやチーズの講座も開催し、流行に敏感でおしゃれな女性が参加。WEB、雑誌のコラム執筆やレシピ紹介、企業へのレシピ開発も行なう。日本橋三越、新宿伊勢丹でのイベント講座やNHK総合テレビ、ラジオ文化放送など様々なメディアにも出演。2010年秋よりシノワテイストのテーブルウエア通販サイト『モダンシノワ』をオープン。

次へ

前へ