説明できる?濃厚チョコたっぷりのガトーショコラとブラウニーの違い

説明できる?濃厚チョコたっぷりのガトーショコラとブラウニーの違い

記事詳細


肌寒い季節になると、ホットコーヒーに合わせて、いっそう美味しく感じる濃厚チョコレートスイーツ。今回はその中から、食べ比べも楽しめそうなガトーショコラとブラウニーをご紹介します。フランス語で「チョコレートケーキ」を意味するガトーショコラは、卵白をふんわり泡立てて混ぜて作ったもの。一方、ブラウニーはアメリカの一般家庭のおやつとして親しまれ、卵黄・卵白を分けずにそのまま混ぜて作ります。製法や焼き上がりの食感にも違いがある、魅力的なお菓子です。

1:ワインにもぴったり! 大人向けのブラウニー

説明できる?濃厚チョコたっぷりのガトーショコラとブラウニーの違い

日本初のブラウニー専門店『コートクール』のブラウニーは洗練されたスティックタイプ。フランス・ヴァローナ社のクーベルチュールチョコレートを使用し、外はサクッと、中はしっとり濃厚な風味が自慢です。抹茶やワインと相性の良いものや、ナッツやフルーツを練りこんだものなど、大人をターゲットにした豊富なバリエーションも魅力です。通販でも購入可能ですが、ジュエリーショップのように美しい店内でスタッフの親身な接客に触れながらお気に入りを見つけるのもおすすめです。

2:誰からも愛されるスタンダードな「ニューヨークセレクション」

説明できる?濃厚チョコたっぷりのガトーショコラとブラウニーの違い
説明できる?濃厚チョコたっぷりのガトーショコラとブラウニーの違い

『グラマシーニューヨーク』で人気の、チーズケーキとブラウニーのセットはいかがでしょうか。特にブラウニーはふんわり、しっとりとした食感に、カシューナッツやクルミのアクセントが効いた、幅広い層に愛される定番の味です。都会的でスタイリッシュなパッケージや個別包装という点も、手土産や差し入れにぴったりです。気の合う仲間とカジュアルなパーティで、コーヒーや紅茶を合わせて楽しんでみては。

3:カカオ愛をケーキに込めて 「サンフォアキン・ドス」

説明できる?濃厚チョコたっぷりのガトーショコラとブラウニーの違い
説明できる?濃厚チョコたっぷりのガトーショコラとブラウニーの違い

カカオのおいしさをとことん追求し、チョコレートづくりに情熱をそそぐ土屋公二シェフの店『テオブロマ』。店の顔でもあり人気を博しているガトーショコラ「サンフォアキン・ドス」は、厳選したチョコレートの力強さやコクをしっかり感じることのできる、贅を尽くした一品です。同業者からも絶賛されるというこのスペシャリテは、特に大人の方にじっくりと味わっていただきたい絶品です。

4:オリジナルチョコレートで唯一無二「特撰ガトーショコラ」

説明できる?濃厚チョコたっぷりのガトーショコラとブラウニーの違い
説明できる?濃厚チョコたっぷりのガトーショコラとブラウニーの違い

『ケンズカフェ東京』の「特撰ガトーショコラ」もオススメの一品です。カカオ本来のおいしさを引き出そうと、このガトーショコラのために特別に用意したオリジナルチョコレートを使っているところがポイントです。冷やして食べれば生チョコのようにこっくりとした食感、温めればなめらかにとろけるような舌ざわりを楽しむことができます。数々の賞も獲得している、コク・甘味・苦味の絶妙なバランスをぜひ味わってみてください。

5:暮らしに溶け込む「ガトーショコラ」

説明できる?濃厚チョコたっぷりのガトーショコラとブラウニーの違い
説明できる?濃厚チョコたっぷりのガトーショコラとブラウニーの違い

「フォークで品良く食べるよりも、手づかみで気軽に食べてほしい」というコンセプトで誕生した『MERCI BAKE』のガトーショコラは、素朴で優しい味わいが魅力です。流行に左右されないどっしりとした濃厚さと、チョコレートのほろ苦さや後味のさっぱり感。これらが秀逸なバランスを奏でる本格派です。その街に住む人の日常に溶け込んで気軽に食べることのできるお菓子は、暮らしを豊かに彩るエッセンス。テイクアウトして思い切り頬張りたくなりますね。

※掲載情報は 2017/10/18 時点のものとなります。

  • 10
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
説明できる?濃厚チョコたっぷりのガトーショコラとブラウニーの違い
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ