霧骨に見えてしまってもそこがまた愛らしいアーモンドミックスクッキー

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2017/09/18 公開

記事詳細

霧骨に見えてしまってもそこがまた愛らしいアーモンドミックスクッキー

ホームメイドって本当は一番難しいのかもしれません

機械で綺麗に整えられた、均一性のある商品ではありません。凸凹していたり綺麗な丸でなかったり、厚みが異なるときもあります。綺麗にデザインされたパッケージを開いて、中身を楽しむのではなく、ものすごくシンプルな無地の透明袋に手作業で詰め込んでいきます。
でもしっかりとココアクッキーと、バタークッキーの層に分かれていてなんだかレトロさを感じます。

 

販売者の方が何度も言っていました。
「100%手作りですから。不格好でも素朴でもそこが一番いいんじゃないでしょうか!」
ほんとにその通りですね。

 

決してたくさん作れないから、大手の流通に乗ることはありません。一部の地域でしか販売されていません。また湿度も温度も天気も違えば、全ての工程が変わってくるホームメイドクッキーで、均一感を出すのは本当に難しいですよね。家のおやつでちょっと焼くならいいんですけど、お客様に売りものとして提供するのならその感覚はまさに職人です。

 

観光地のペンションや、小さいホテルでたまにこういった手作り感満載のクッキーを見かけることがありますが、手作りはその人の癖が出ていて面白いことがたくさんあります!最近は硬いものは敬遠されがちで、お煎餅でもクッキーでも、薄焼きや柔らかいものが好まれる傾向にありますが、このクッキーはしっかり噛みごたえのある厚みがあります。個人的にそこが大好きです。観光地のペンションや、小さいホテルでたまにこういった手作り感満載のクッキーを見かけることがありますが、手作りはその人の癖が出ていて面白いことがたくさんあります!

霧骨に見えてしまってもそこがまた愛らしいアーモンドミックスクッキー

アーモンドミックスクッキー

株式会社アーリージャパン 住所:宮城県仙台市泉区実沢字中山南25-5

※掲載情報は 2017/09/18 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
霧骨に見えてしまってもそこがまた愛らしいアーモンドミックスクッキー
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

二木英一

二木の菓子 専務取締役 商品開発部長

二木英一

「二木の菓子」ではお菓子の専門店として常時約10,000種類のお菓子を取り揃えて日本中、世界中からお客様をお迎えしています。(規模によりますが一般的な小売店で約500~1000種類位と言われています)文化も、環境も違う地域から見つけてくるお菓子は驚きと、感動がいっぱいです!中には決して大型店舗では、売られる事のない名品も沢山あります!私は、食べる時に思わず感情移入してしまう名品を探すべく日々情報収集と自分の足で確認する事を仕事としています。また最近は独自の視点から商品開発も手がけております。それは、私がお菓子のプロとしてお客様から求められる提案に、手土産があるからです。昨今、お菓子ブームから、ただ売れている商品に似せて作った物が多くあります。そこで、決して流行や売れている物の真似ではなく、お菓子が本来持っている手渡しする意味や本物を形にする為、企画からお菓子が出来るまでを「ふたつ木」という自社ブランドでご提案しています。2015年5月テレビ東京「ガイアの夜明け」~進化するお菓子驚きの販売手法~出演 著書「なぜ20円のチョコでビルが建つのか?」Amazonマーケティングカテゴリー1位獲得

次へ

前へ