ケーキを食べるのは日本だけ?他国で食べられている伝統のクリスマススイーツ

ケーキを食べるのは日本だけ?他国で食べられている伝統のクリスマススイーツ

記事詳細


もうすぐクリスマス!クリスマスケーキどうしようかな?!なんて考えているご家庭も。

当たり前のようにクリスマスケーキのあるのは、実は日本だけかも?!

 

ippinでは、いろいろな大使館の方にその国のオススメを紹介してもらっていますが、各国では、この時期に好まれるスイーツがさまざまにあるようで、その各国の伝統に絡めて紹介いただきました!

 

クリスマスムードの強い、ドイツ、ノルウェーをはじめ、真夏のクリスマスを過ごすブラジルまで、今回は8カ国に紹介いただきました!

 

たまには知らない土地の人気の冬スイーツで、その食文化を楽しんでみてもいいですよ。

ドイツの粉雪に包まれたような「シュトレン」

ケーキを食べるのは日本だけ?他国で食べられている伝統のクリスマススイーツ

ドイツではこの時期、シュトレンと呼ばれるラム酒などに浸けておいたドライフルーツとナッツを、たっぷりのバターと一緒に練りこんで焼いたパンを食べるのが一般的。シュトレンは12月に入ってから少しずつスライスしたものを食べるそう。ドライフルーツやナッツの甘みが徐々にパンに浸透していくので、作ってから時間がたつほど、味に深みが出てきます。また、日持ちもよく一般的には3週間~4週間もつのだそうです。

お菓子の家!可愛いジンジャーブレッドハウスで祝うノルウェー

ケーキを食べるのは日本だけ?他国で食べられている伝統のクリスマススイーツ

ノルウェーではジンジャーブレッドハウスを作るのが伝統的。欧米でも人気あるようですが、地域ごとでさまざまな名前があり、ノルウェーの西岸にある都市ベルゲンでは、毎年「Pepperkakebyen」といわれる、ジンジャーブレッドハウスのお披露目会が行われるそうです。憧れのお菓子のお家、楽しんだ後は、食べましょう!

ハンガリーの伝統菓子はクリームじゃないロールケーキ

ケーキを食べるのは日本だけ?他国で食べられている伝統のクリスマススイーツ

ハンガリーでは、ベイグリと呼ばれるロールケーキを食べます。ロールケーキといっても日本のロールケーキとは違い、中にクリームが入っているものではなく、胡桃やレーズン、芥子の実などのドライフルーツやナッツを練りこんだケーキで、中にはパンに近いものもあるそうで、材料に使われる芥子の実は独特の食感で、甘みも抑えられた味わいなんだそうです。

アタリが出れば幸せが訪れる?ポルトガルの「王様のケーキ」!

ケーキを食べるのは日本だけ?他国で食べられている伝統のクリスマススイーツ

ポルトガルでは、年末から新年1月6日の「王様の日」にかけて「ボーロ・レイ」(王様のケーキ)と呼ばれるケーキを食べるそうです。ナッツやドライフルーツがふんだんに使われており、見た目はとてもカラフルな円形のケーキでの食卓を彩りながら、ケーキの中に「ブリンデ」と呼ばれるおもちゃの指輪(アタリ)と「ファヴァ」と呼ばれるそらまめ(ハズレ)が入っているのが特徴的なので、ケーキを取り分けゲームをして楽しむそうです!

サフランを使った料理やお菓子でいっぱいのスウェーデン冬模様

ケーキを食べるのは日本だけ?他国で食べられている伝統のクリスマススイーツ

スウェーデンでは、「ルッセカット」というサフラン入りの黄色いロールパンが伝統的なお菓子。サフランの香りたっぷりなので、12月のスウェーデンでは、街中がサフランの香りで包まれるそう。そして、「ルッセカット」はスウェーデン語でルシアさんのねこという意味があり、丸まった部分がねこのしっぽのように見えるS字のかわいらしい形をしていて、丸まった部分にはレーズンが練りこまれています。

お菓子好き女王が愛したオーストリア伝統のキプフェル

ケーキを食べるのは日本だけ?他国で食べられている伝統のクリスマススイーツ

オーストリアと言えば、17世紀オーストリアハプスブルグ家のマリー・アントワネット出身地。マリーアントワネットは大のお菓子好きで、嫁入りの際にオーストリアからお菓子職人を連れて行くほど。そんな彼女が多くの菓子の中から、特にお気に入りだったのが、三日月の形をしたウィーン菓子「ヴァニラキプフェル」。バター、粉糖、アーモンドパウダー、小麦粉にヴァニラビーンズを加えて作られていて、さくさく感が香ばしいです。

フィンランドの星に見立てたパイ「ヨウルトルットゥ」

ケーキを食べるのは日本だけ?他国で食べられている伝統のクリスマススイーツ

フィンランドでは、どこの家庭でも作られているのが「ヨウルトルットゥ」。星に見立てた可愛らしい形のパイ菓子。パイ生地の中にプルーンのジャムが入っているのがオーソドックスですが、家庭によってはアプリコットジャムに変わったりもするそうです。サクサクのパイ生地と、中のジャムが美味しそうです!

真夏のブラジルはこのパンケーキでなくちゃ!

ケーキを食べるのは日本だけ?他国で食べられている伝統のクリスマススイーツ

南半球のブラジルでは今、気温30度を超える真夏。ブラジルではパンケーキのパネトーネ(Panettone)美味しい伝統的お菓子。パネトーネは「パネトーネ種」の酵母を使ってじっくりと発酵させ、レーズンやプラム、オレンジピールなどのドライフルーツを混ぜ込んで焼き上げた、ドーム状のパンケーキです。チョコレート・チップ入りの「ショコトーネ」、ナッツ入りのもの、グアバなどブラジルらしいトロピカルフルーツ入りのものあるそうです。

雪のパスタ、星のオイル、塊肉…Xmasパーティーをしよう!

ケーキを食べるのは日本だけ?他国で食べられている伝統のクリスマススイーツ

見て楽しい食べて美味しい厳選のクリスマスケーキ7選

ケーキを食べるのは日本だけ?他国で食べられている伝統のクリスマススイーツ

※掲載情報は 2017/11/22 時点のものとなります。

  • 8
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
ケーキを食べるのは日本だけ?他国で食べられている伝統のクリスマススイーツ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ