さすがは横濱!と食通もうなずく横濱名店の隠れた逸品

さすがは横濱!と食通もうなずく横濱名店の隠れた逸品

記事詳細


観光地としてもデートスポットとしても人気が高い横浜。東京へのアクセスもよく、東京観光に来る人たちも立ち寄る事が多いのではないでしょうか。そんな横浜には、数多くの名店が存在します。その中でも、特に人気の名店にある隠れたスイーツの逸品をご紹介します。デートや観光の帰り道に是非、立ち寄ってみてください。

1:美しい色合いと、懐かしい味わい。

さすがは横濱!と食通もうなずく横濱名店の隠れた逸品

異国情緒溢れる横浜元町にある名店「喜久家」。日本でどこよりも早くヨーロッパのケーキを作ったとも言われるこの名店の看板商品は「ラムボール」です。そして、もうひとつレモンケーキも忘れてはいけません。今風のふわっと軽い生地ではなく、しっかりと目のつまったスポンジ生地。どこか懐かしい味がする、色合いの美しいケーキです。

2:大人気のバウムクーヘンから生まれた大人のラムボール

さすがは横濱!と食通もうなずく横濱名店の隠れた逸品

1970年の創業からこだわりの手作りお菓子を提供し、地元のお客様から愛され続けている横浜の名店「リンデンバウム」。創業当時から変わらない素材にこだわった看板商品のバウムクーヘンがとても人気です。そのバウムクーヘンをベースに生まれたのが、ラムレーズンです。手間暇かかったこだわりのバウムクーヘンを砕き、じっくり3週間ラム酒に漬け込んだレーズンとバタークリームを混ぜ合わせてボール状にかたちを整えたあと、全体をミルクチョコレートとココアパウダーでコーティングして作られます。まさに大人のおやつにうってつけです!

 

ブランド名:リンデンバウム

商品名:ラムレーズン(お取り寄せ可)

3:シンプルなのに、どれだけ食べても飽きないおいしさ

さすがは横濱!と食通もうなずく横濱名店の隠れた逸品

デートスポットとしても人気が高い「馬車道駅」にある「馬車道十番館」。こちらは、レストラン、喫茶店やバーなどレトロな建物で楽しめる施設です。お土産として忘れてはいけないのが「ビスカウト」。口に入れると舌の上からバターはスルッと消えます。フレッシュバターを使っているにも関わらず、決して重くなくまた食べたくなる。飽きない本物のおいしさを楽しむ事ができます。

※掲載情報は 2017/09/12 時点のものとなります。

  • 12
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
さすがは横濱!と食通もうなずく横濱名店の隠れた逸品
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ