1年後の暑い夏に!必ずリピートしたい涼を極めたスイーツ「金魚」

  • 7
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2017/09/02 公開

記事詳細

1年後の暑い夏に!必ずリピートしたい涼を極めたスイーツ「金魚」

皆様、御機嫌よう、オルズグルです。

現在も北の町サンクトペテルブルグにおり、今の気温は平均14度前後です。

 

いつもながら、日本からのお土産は一番嬉しいです。

この間日本から頂いたお土産は、吉兆庵さんの金魚のお菓子です。

 

食べるのは勿体ないぐらい素敵なデザインに美しい、上品なパッケージ。金魚と紅葉が描かれている和風のラッピングを開けると、金魚が描かれている透明な箱。

1年後の暑い夏に!必ずリピートしたい涼を極めたスイーツ「金魚」

箱を開けると、なんとレースの入れ物が!
吉兆庵さんのサイトを見ると、編み物の器は、伝統刺繍工芸で有名な「中国広東省汕頭(スワトウ)」の手編みレースを使用しているそうです。

 

そして、可愛い入れ物の中に和菓子が。

1年後の暑い夏に!必ずリピートしたい涼を極めたスイーツ「金魚」

和菓子を手に取ると、なんとゼリーの中に可愛い金魚たち2匹と豆が。


味わいが柔らかくて、マスカット風味の程よい甘さで、豆で和風の味わいも。甘いもの苦手な方でもご満足いただけると思います。

 

可愛い、上品、美味しい。お相手がきっと喜んで、感動されるお土産。パーティー、デート、お友達さん、ご家族へのお土産としてオススメの逸品です。

 

東京でぜひとも銀座本店に寄りたいと思います。

1年後の暑い夏に!必ずリピートしたい涼を極めたスイーツ「金魚」

※本商品は夏限定のため、銀座本店では、終売となっています。再販売予定は、来年7月頃より。

※掲載情報は 2017/09/02 時点のものとなります。

  • 7
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
1年後の暑い夏に!必ずリピートしたい涼を極めたスイーツ「金魚」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ババホジャエヴァ・オルズグル

ワイン業・タレント・和食研究・主婦

ババホジャエヴァ・オルズグル

1985年、中央アジアウズベキスタンの首都タシケント生まれ。13才の時「ひらがな」に一目惚れし、14才から大学で日本語を勉強。16才から日本語の観光ガイドとして勤務。21才で日本に移住。東京で日本の一部上場大手物流企業での勤務後、2011年に合同会社GALABAを設立し、日本初ウズベキスタンワインの唯一の正規輸入者となる。同じ2011年から日本国内でタレントとして数々の人気のテレビ番組、ラジオ、トークイベント、明治のR-1ヨーグルトCMで活躍した。人と人をワインで繋ぐために東京で頻繁にワイン会を開催。ウズベキスタンのワイナリーと日本向けのGALABA社限定の特注ワインをプロデュース、開発に参加。現地ワイナリーの副社長としての経験もあり。外で活躍しても、家でいつも主婦業がメイン。日々ワインとお料理を研究。自家製納豆作り、薫製等が日常。現在、家庭の事情で一時的にロシア滞在ですが、ロシアでの食材、飲み物を研究したり、日本国外でも和食作れるために日本からの拘りの食材を頻繁に取り寄せている。(日本での趣味は源泉掛け流しの温泉巡り。)

次へ

前へ