お米屋さんの「むらせライス」が作った低グルテン「ライスグラノーラ」

お米屋さんの「むらせライス」が作った低グルテン「ライスグラノーラ」

記事詳細


日本の大地で育った国内産100%のお米(玄米)で、3つの味が楽しめます!

こんにちは。料理研究家/食のトータルデザイナーの小野孝予です。

 

この夏開催するワークショップのお手伝いをすることになり、打ち合わせ時にむらせライスの「ライスグラノーラ」をプレゼントで頂きました。ワークショップではどちらかというと「雑穀米」がテーマなのですが、この「ライスグラノーラ」がとても気に入ったので、今回ippinでご紹介させて頂きます。

お米屋さんの「むらせライス」が作った低グルテン「ライスグラノーラ」

玄米パフを主体に作られているからか、軽い食感です。しかし腹持ちは良いのです。オーツ麦の香ばしさもアクセントになっています。

 

3種類のうちの2種、メイプル味ときなこ味は、ほんのり甘くて優しいお味!残りの1種、和風だし味には驚きました。たっぷりとドライのお野菜も入ってそのままでも十分美味しいのですが、お湯を注いで食べると具沢山のスープ?!と言うより、まるでお茶漬けで、日本人にはとても嬉しい味なのです。

 

ワークショップ時にお出しする米粉のパウンドケーキ試作中にアイデアが閃き、「ライスグラノーラ」をトッピングで使ってみたところ大成功!丁度良いきつね色に焼けて、ご飯のお焦げのようにカリカリとしてと~っても美味しいのです。リハーサル&写真撮影時に関係者の皆さまにも試食して頂いたところ、案の定大好評でした!

お米屋さんの「むらせライス」が作った低グルテン「ライスグラノーラ」

今回はメープル味ときなこ味で試しましたが、ケークサレだったら和風だし味のトッピングも美味しそう!近々作ってみたいです。

 

挑む、繋ぐ、味わう『究極の逸品』をコンセプトにしたフード・アクション・ニッポンアワード2016を受賞した、むらせライスの「ライスグラノーラ」。HPには「ライスグラノーラ」を使用したレシピが様々載っているので、こちらも参考になさって下さい。

 

そして所謂グラノーラの食べ方だけではなく、お米だからこそ、また和風だし味だからこそ、活きる食べ方がまだまだありそうです。皆さまの楽しいアイデアで、美味しい食べ方を発見してみては如何でしょうか!

※掲載情報は 2017/07/29 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
お米屋さんの「むらせライス」が作った低グルテン「ライスグラノーラ」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

小野孝予

料理研究家/食トータルデザイナー

小野孝予

株式会社クオリア取締役社長 料理教室クオリア主宰  
航空会社在職中、各地滞在先で様々な本場の味や食材に出会い、食の世界に興味を抱く。また田崎真也氏に師事してソムリエ、きき酒師の資格を取得。退社後は料理学校、フードコーディネーター養成スクール、テーブルコーディネートスクールにて食全般に関する知識を深める。2006年より横浜市青葉区の自宅で、家庭料理をテーマにしたサロン形式の料理教室を主宰。スーパーで買える食材と調味料を使って作る健康に配慮したメニューを、日本文化の特徴である季節感、気配り、おもてなしの心を取り入れたアイデアで提案。教室へは30代~60代を中心とした主婦層が中心に、延べ3,000人以上の生徒が訪れる。一方、ソムリエ、チーズプロシェッショナルとしてワインやチーズの講座も開催し、流行に敏感でおしゃれな女性が参加。WEB、雑誌のコラム執筆やレシピ紹介、企業へのレシピ開発も行なう。日本橋三越、新宿伊勢丹でのイベント講座やNHK総合テレビ、ラジオ文化放送など様々なメディアにも出演。2010年秋よりシノワテイストのテーブルウエア通販サイト『モダンシノワ』をオープン。

次へ

前へ