使い捨ての時代はもう終わり!何度も使えるエコなラップ「Bee Eco Wrap」

使い捨ての時代はもう終わり!何度も使えるエコなラップ「Bee Eco Wrap」

記事詳細


紹介している商品


使い捨てはもう卒業!何度も繰り返し使える地球にやさしいラップ

使い捨ての時代はもう終わり!何度も使えるエコなラップ「Bee Eco Wrap」

出張先でとびきり可愛いエコなラップに出会いました。エコやオーガニックなどに関心が高いオーストラリア。滞在中、週末の青空市場に足を運んだら、とても可愛い包みに食材を包んでいる人を発見!調べてみると、ミツロウを使って作ったラップとわかりました。

 

食品を保存するのに欠かせないプラスチック製のラップ。とても手軽で便利です。でも、使っては捨て、また新たに使っては捨てと、衛生面も気になるので使い回すことはまずありません。当然、使えば使った分だけ、自然環境の中で分解されにくい「ゴミ」になってしまいます。

 

今回紹介するBee Eco Wrap(ビーエコラップ)は使い捨てるのではなく、何度でも洗って繰り返し使えるミツロウラップです。エコなのはもちろんですが、なんと言っても鮮やかなデザインは見ているだけでも楽しくなります。お弁当に持っていくおにぎりやサンドイッチを包めば、とっても可愛くてオシャレですよね。ホームパーティーの持ち寄りの時などには、大活躍してくれそうです。

使い捨ての時代はもう終わり!何度も使えるエコなラップ「Bee Eco Wrap」

Bee Eco WrapはGOTSオーガニック認証を取得したオーガニックコットンの生地に、ミツロウやコールドプレス製法のホホバ油、天然樹脂などを使って加工を施してあります。材料は全て天然由来のものを使用しているので、食品にも安心して使うことができます。

 

また、ミツロウは熱によりやわらかくなるので、手のひらで包み込むようにギュッと押し付けると、器のフチにもきちんとフィットしてくれます。逆に、包んだものを冷蔵庫などに入れれば、冷えて固くなるので、しっかりと形を保ち保存することができます。野菜やフルーツをカットしたものなどを保存するには最適です。

 

Bee Eco Wrapを考案したのは、オーストラリア東海岸中部の森の中で5人の子どもたちと一緒に住むデヴァイン夫妻。行政によるゴミの収集が難しく、自分たちで出したゴミは全部自分たちが何とかしないといけないため、ゴミを減らす工夫をし始めました。家庭内のプラスチックやビニールといった素材を減らそうと、昔からの保存方法を学び、食材の保存用ミツロウラップを考えついたということです。

使い捨ての時代はもう終わり!何度も使えるエコなラップ「Bee Eco Wrap」

すでに欧米では、エコへの意識が高い人たちの間で使われ始めています。チーズの保存や、野菜やハーブ、くだものやパンなど、用途は様々。汚れてしまったら洗剤使って洗い、乾燥させれば繰り返し使用することができます。

 

私もBee Eco Wrapを使って、身近なところからゴミを減らす活動に参加していけたらいいなと思います。

使い捨ての時代はもう終わり!何度も使えるエコなラップ「Bee Eco Wrap」
紹介しているお店
Bee Eco Wrap

※掲載情報は 2017/06/13 時点のものとなります。

  • 9
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
使い捨ての時代はもう終わり!何度も使えるエコなラップ「Bee Eco Wrap」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

矢野茉莉子

ExecutiveAssistant

矢野茉莉子

人と関わることが大好きで、日本古来のおもてなしが実現できる百貨店へ新卒で入社。
目の前の人に真心を込めて向き合える仕事を追求し、教育機関での経営サポート・新店舗開発を経て、社長秘書として2013年にヒューゴボスジャパン株式会社へ入社。
2015年からはスタッフ教育を行うトレーナーも兼務。

ヒューゴボスは、1924年にドイツで創業し、世界130ヶ国で展開するアパレル企業です。日本では表参道や六本木、心斎橋での路面店をはじめ、国内50店舗を展開中。クラシックかつモダンなビジネスウェア、エレガントなイブニング、リラックスしたカジュアル・ファッションから、シューズやレザーアクセサリー、ライセンス生産のフレグランス、時計に至るまで、幅広い製品を展開しています。
2014年度には、繊研新聞より百貨店バイヤーズ賞ベストセラー賞を受賞。

次へ

前へ