チョコ好きなら知らないと恥ずかしい!?パリ老舗チョコレート「CHAPON」3選

チョコ好きなら知らないと恥ずかしい!?パリ老舗チョコレート「CHAPON」3選

記事詳細


フランス・パリでも BEAN TO BAR で知られた老舗チョコレート店「CHAPON シャポン」。2017年1月6日(金)に東京・自由が丘に日本初上陸しました。パリにも4店舗しかなく、しかも日本店には世界初のカフェが誕生したと話題になっております。今回は、チョコ好きなら知らないと恥ずかしい!?パリ老舗チョコレート「CHAPON」の3商品をご紹介します。

1:世界各国の特徴的なカカオの味を最大限に楽しむことが出来る究極のタブレット

チョコ好きなら知らないと恥ずかしい!?パリ老舗チョコレート「CHAPON」3選

世界的だけでなく日本でもここ数年で話題の『Bean to Bar』製法で作られた「タブレット」。オーナーのパトリス・シャポン氏は、自らカカオ豆の産地に足を運び、カカオ豆をチェックし厳選に仕入れ。そして自社工場にて選別、焙煎、摩砕、調合、成形までの作業を一貫して行っているそうです。オススメの食べ方は、袋から出して数分空気に触れさせ、エイジングして食べることだそうです。それにより、さらに芳醇な世界各国の特徴的なカカオの味を最大限に楽しむことが出来るそうです。究極のタブレットは時期により入荷状況が変わるそうですが全19種類ありますので、ぜひお好みを見つけてみてはいかがですか?

2:パッケージも鮮やかで宝石箱のように美しい「アソートボックス」

チョコ好きなら知らないと恥ずかしい!?パリ老舗チョコレート「CHAPON」3選

ボンボンショコラの「12個入りアソートボックス」は、チョコレートのパッケージも鮮やかで宝石箱のように美しく、同じ商品でもデザイン違いで数種類の用意があるので、色柄を選ぶのも楽しいですね。定番商品は入手困難なほどの人気なので、ぜひ、お好みをチョイスしてみてください。

チョコ好きなら知らないと恥ずかしい!?パリ老舗チョコレート「CHAPON」3選

3:見た目にもかわいいクマさんの形が特徴的な「デザインショコラ ウーソン」

チョコ好きなら知らないと恥ずかしい!?パリ老舗チョコレート「CHAPON」3選

「デザインショコラ ウーソン」は、見た目にもかわいいクマさんの形で、柄がひとつひとつ違います。とっても凝ったデザインも人気のひとつ。中はホワイトチョコとミルクチョコレートが2層になっています。デザインだけでなく味も申し分がない「デザインショコラ ウーソン」、幅広い年齢層の方に喜ばれそうですね。

チョコ好きなら知らないと恥ずかしい!?パリ老舗チョコレート「CHAPON」3選

※掲載情報は 2017/03/12 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
チョコ好きなら知らないと恥ずかしい!?パリ老舗チョコレート「CHAPON」3選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ