断面に萌える!カットしてはじめてすごさを発揮する「新・萌え断」スイーツ

断面に萌える!カットしてはじめてすごさを発揮する「新・萌え断」スイーツ

記事詳細


みなさん“萌え断”という言葉をご存知ですか?「萌え断」とは、いろいろな食べ物を切ったときに出てくる断面に「萌え~」とする「萌える断面」のことをいいます。おにぎりやサンドイッチなど、ボリュームのある料理を真っ直ぐカットすると、とても美味しそうな見た目に仕上がるなど、今インスタで話題になっています。どうせ食べるなら美味しそうではなく、本当に美味しい萌え断フードを食べてみたいと思いませんか?今回は、カットしてはじめてすごさを発揮するもちろんおいしい商品をご紹介いたします。

1:歓声があがるパン「ガルガンチュワサンドイッチ」

断面に萌える!カットしてはじめてすごさを発揮する「新・萌え断」スイーツ
断面に萌える!カットしてはじめてすごさを発揮する「新・萌え断」スイーツ

ビジュアルは、赤いリボンに包まれた素敵なデコレーションがなされているパンですが、蓋をあけるとびっくり!ハム、スモークサーモン、チキンサラダ、カニサラダのサンドイッチがびっしりと詰め込まれ、真ん中にはベリー類を中心としたフルーツがいっぱい詰まっていて、とても華やかです。こちらは、ガルガンチュワサンドイッチといい、帝国ホテルのベーカリーが特別に焼いたパンバスケットです。蓋を開ける前後の画像を撮りたくなる素敵なパンですね。お味はバターとマスタードのバランスが絶妙な正統派ですので、見た目にもお腹にも満足できるフードです。

2:つい輪切りにしたくなる「フルーツ大福」

断面に萌える!カットしてはじめてすごさを発揮する「新・萌え断」スイーツ
断面に萌える!カットしてはじめてすごさを発揮する「新・萌え断」スイーツ

こちらの和菓子は、香川県にある創業79年を越す老舗の和菓子屋「夢菓房たから」のフルーツ大福です。おもちと無漂白のこだわり自家製白餡で季節のフルーツを包んだ大福は人気商品。イチゴ、ミカン、イチジク、パイナップル、ブドウ(自社農園のぶどう)、マンゴー、柿(丸ごと一個)、モモ(丸ごと一個)などの種類が、季節によって変わっていきます。フルーツが熟するのを配慮して大福に使っているので、その季節ごとの美味しい旬のフルーツを味わうことができます。全種類を制覇して輪切りにしたフレッシュなフルーツ大福の画像を残したいですね。

3:丁寧に種を取り除き、餅を詰めた変り種「凍熟柿」

断面に萌える!カットしてはじめてすごさを発揮する「新・萌え断」スイーツ
断面に萌える!カットしてはじめてすごさを発揮する「新・萌え断」スイーツ

「凍熟柿」は、佐賀県の手すき和紙の肥前名尾和紙の職人さんとご家族が家内作業で作った干し柿です。佐賀の名尾地区は、昔から干し柿の名産地で、一つ一つ手作りによってでき、冷凍熟成製法により芳醇で濃厚な柿になります。自然解凍させると、柔らかで口の中でとろけるような食感と甘さが広がります。餅入りは、丁寧に種を取り除き餅(求肥)を詰めた変り種です。干し柿を食べる際には種に注意しながら食べるかと思いますが、こちらの「凍熟柿」はそんな心配は無用。濃厚な干し柿ともちの食感が合わさり、深い味わいとさっぱりとした後味をお楽しみ頂けます。一口かじった後にお餅を確認したくなるような干し柿です。

4:一口食べた後に中身を確認せずにはいられない「一○香」

断面に萌える!カットしてはじめてすごさを発揮する「新・萌え断」スイーツ
断面に萌える!カットしてはじめてすごさを発揮する「新・萌え断」スイーツ

こちらは長崎の銘菓、茂木一○香本家の「一口香(いっこっこう)」です。由来は一口食べれば香ばしいということから、付けられたそうです。見た目は焼きまんじゅうのようですが、手に持つととても軽く、一口かじると「中身がない!まさか不良品!?」と思ってしまうでしょう。いいえ、この一口香は中が空洞という不思議なお菓子なのです。中身がないという特徴から、「からくりまんじゅう」とも呼ばれています。空洞になるからくりは、黒砂糖、水飴、上白糖を混ぜあわせて作ったあんを小麦粉と水あめで練り上げた生地で包んで焼き上げると、あんが沸騰して膨らみ、中が空洞になるというというものです。「一口香」一口かじり、中の空洞を自分の目で確認して画像を撮り、知人に面白さを自慢したくなるお菓子ですね。

5: かじるのがもったいない塩野の「栗最中」

断面に萌える!カットしてはじめてすごさを発揮する「新・萌え断」スイーツ
断面に萌える!カットしてはじめてすごさを発揮する「新・萌え断」スイーツ

こちらは、皇族に政財界、各茶道流派など日本が誇るVIPから絶大な支持を得ている、赤坂塩野の「栗最中」です。数寄屋を模った立体的なかたちに、断面がどうなっているか興味が湧きますね。見た目も素敵ですが、歯ごたえの良い皮に刻み栗を練りこんだ大納言の粒餡を詰めた栗最中は、上品な甘みが口のなかに広がる贅沢な仕上がりです。食べるのにはもったいない、でも中身は気になるそんな栗最中。一口かじった後は断面を画像に残して、友人に見せたくなりますね。持ち運びに日持ちの良さといった事情をクリアしていますので、手土産としても喜ばれる人気のある商品です。

※掲載情報は 2017/03/13 時点のものとなります。

  • 8
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
断面に萌える!カットしてはじめてすごさを発揮する「新・萌え断」スイーツ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ