まだまだ知られざる栃木の魅力!北関東ごと盛り上げるのも夢じゃない栃木のスイーツ

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2017/03/12 公開

記事詳細

まだまだ知られざる栃木の魅力!北関東ごと盛り上げるのも夢じゃない栃木のスイーツ

餃子の聖地・宇都宮や御用邸のある那須高原、世界遺産に登録される日光など県内各地に見どころがいっぱいな栃木県。東京近辺からは日帰りで行ける場所も多く、気軽なおでかけスポットとしてもお馴染みです。今回はそんな栃木県内でippinキュレーターが発見した、どこに出しても恥ずかしくない“ネオ”栃木土産をお届けします。初心者はもちろん、リピーターにも目からウロコな逸品ばかりですので、チェックしてみてくださいね。

1:サクサク&もっちり食感が新しい!今までの概念を覆す「和マカロン」

まだまだ知られざる栃木の魅力!北関東ごと盛り上げるのも夢じゃない栃木のスイーツ

料理家の吉永さんが衝撃を受けた栃木土産が、宇都宮市にある『高林堂』の「和マカロン」です。和という名前からゴマや抹茶といった和の素材を使っているのかと予想した方は、裏切られること間違いなし。なんと中に、お餅が入っているマカロンなんです。サクサク食感と、もっちりむっちりな歯ごたえを併せ持ったマカロンは、食べ応え満点。味わいはきなこと黒蜜、黒ごま、チョコの三種を揃えています。

2:たっぷりのはちみつがポイント!キルトショップが手がける「ベルギーワッフル」

まだまだ知られざる栃木の魅力!北関東ごと盛り上げるのも夢じゃない栃木のスイーツ

有名な栃木土産に「那須トラピストガレット」がありますが、リピーターの方にぜひご紹介したいのが、足利市にあるパッチワークキルトショップ『板通れんが』が作った歯ごたえのある「リエージュハニーワッフル」です。従業員の中に養蜂家がいたことから生まれたワッフルは、はちみつと卵黄、生クリームをふんだんに使い、もちもち食感の中にベルギーシュガーの粒々がアクセントに。本場ベルギーにも引けを取らないおいしさです。

3:おいしくてヘルシー!日本一の大麦を使った朝食にぴったりな「グラノーラ」

まだまだ知られざる栃木の魅力!北関東ごと盛り上げるのも夢じゃない栃木のスイーツ
まだまだ知られざる栃木の魅力!北関東ごと盛り上げるのも夢じゃない栃木のスイーツ

実は足利市周辺は、“二条大麦”の日本一の産地。地元ならではのスイーツをと、大麦を使ったお菓子を手がけるのが『大麦工房ロア』です。看板商品の「大麦ダックワーズ」も大人気ですが、食文化研究家の後藤さんがイチオシするのが、朝食にぴったりな「大麦グラノーラフルーツ」と「大麦グラノーラベジタブル」です。大麦主体のグラノーラにドライフルーツやドライ野菜を組み合わせた、美容意識の高い方にも喜んでもらえる一品です。

4:名峰“茶臼岳”がモチーフ!ミルキー感たっぷりなとろける「山羊のチーズ」

まだまだ知られざる栃木の魅力!北関東ごと盛り上げるのも夢じゃない栃木のスイーツ

チーズに精通する山田さんが注目しているのが、数少ない国内におけるシェーブルチーズ生産工房の一つである那須高原の『今牧場』です。良質な山羊のミルクで作られるシェーブルチーズは、那須にある「茶臼岳」の名を冠し、形も名峰をイメージしています。内部はやわらかく、きめの細かい生地に仕上げられていて、味わいは非常に上品で、酸味とミルク感たっぷり。5月から11月までの季節限定商品なので、今からチェックしてみて。

5:ご進物品にも人気!ラグジュアリーリゾートブランドの上品で贅沢な焼き菓子

まだまだ知られざる栃木の魅力!北関東ごと盛り上げるのも夢じゃない栃木のスイーツ

4万2000坪の広大な敷地に広がる那須のリゾート施設『二期倶楽部』。都会の喧騒から離れて、森林と小川に囲まれた宿泊施設で束の間の休息をしてみませんか?宿泊以外でも、森の散策の合間にカフェで一息つくのもオススメです。館内の『二期ブティック』では、神戸芦屋に本店を構えるアンリ・シャルパンティエと二期倶楽部が共同で作った焼き菓子が販売されています。センスの光るギフトとしてビジネス利用の方も多いのだとか。

6:余計なものは使ってません!ほわほわとほどけていく究極のほっくりスコーン

まだまだ知られざる栃木の魅力!北関東ごと盛り上げるのも夢じゃない栃木のスイーツ

栃木県那須に拠点を置く『NASU SHOZO CAFE』。このカフェを目当てに那須旅行を決める女性も多い、大人気のカフェです。行って来たよと旅のおすそ分けをするなら、看板商品の「スコーン」はいかがでしょう。必要最低限の素材をシンプルな製法で丁寧に焼き上げることで、素材の味が最大限に引き出されたスコーンは、ほっくりと繊細にふわふわとほどけていき、生地の本来の味わいを感じられます。

7:伝説のレストランが手がけるショコラトリー!贅沢な余韻を残す生チョコレート

まだまだ知られざる栃木の魅力!北関東ごと盛り上げるのも夢じゃない栃木のスイーツ

伝説のレストラン『JOHN KANAYA麻布』のエスプリを受継ぐショコラトリー『JOHN KANAYA(ジョンカナヤ)』。「葉巻ショコラ」はじめ、センスと遊び心にあふれた上質な逸品は、多くの人々を魅了しています。深い余韻を残す生チョコレート「ショコラフレ」もジョンカナヤらしい贅沢な口どけを堪能できる一品。抹茶は毎年、新茶の季節に限定で登場するのでお問い合わせを。鬼怒川金谷ホテルのギフトショップで販売しています。

8:県内を代表する名蔵が手がける果実酒!爽やかですっきり甘い「ゆず酒」

まだまだ知られざる栃木の魅力!北関東ごと盛り上げるのも夢じゃない栃木のスイーツ

名誉ソムリエの宇佐美さんが、友人のパーティーで思わず“おいしい!”とささやき、その日からトリコとなったのが、小山市で明治5年に創業した栃木を代表する酒造の『小林酒造蔵元』が手がけるゆず酒「鳳凰美田」。日本酒好きの間では知る人ぞ知る秘蔵酒で、銘酒・鳳凰美田の吟醸酒で贅沢に仕込みを行なったゆず酒は、ゆずの爽やかな香りとジューシーな酸味にすっきりした甘さが楽しめます。お祝いの一本としても太鼓判な味わいです。

※掲載情報は 2017/03/12 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
まだまだ知られざる栃木の魅力!北関東ごと盛り上げるのも夢じゃない栃木のスイーツ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

この記事をシェアする

次へ

前へ