話題沸騰!食パン通も唸る究極のもっちりふわっふわ食パン

話題沸騰!食パン通も唸る究極のもっちりふわっふわ食パン

記事詳細


特別な方と特別な機会をともにする美食も素敵ですが、日々の食事を丁寧にとるのも人気が高いですね。美味しいパン屋さんが増えましたが、最近はさらにこだわりのパン、それも具を入れないシンプルな食パンを売る食パン専門店が増えてきています。こちらの記事では、そんな食パン専門店のなかから知る人ぞ知る名店を5つ選んでご紹介します。全国に広がりつつある食パンブームを支える名店の特徴とは何なのでしょうか。ぜひご覧ください。

1:リッチな厳選材料を使用!1本ずつ仕上げる「生」食パン

話題沸騰!食パン通も唸る究極のもっちりふわっふわ食パン
話題沸騰!食パン通も唸る究極のもっちりふわっふわ食パン

大阪上本町で創業した「乃が美」は、「食パンを通して日本一の感動をお届けする」という信念をもつ高級食パンのお店です。

 

乃が美の食パンは、最高級カナダ産100%小麦粉(オリジナルブレンド)と厳選した生クリーム、バターが原料となっていて、卵は不使用、代わりにハチミツを配合しています。職人がひとつひとつ焼き上げる丁寧な製法でギリギリの柔らかさで仕上がります。もちろん、焼いた香ばしさは格別で、かみ応えのある耳からはハチミツの混ざった生地のほのかなキャラメルに似た風味が立ち上ります。やみつき間違いなしですね。

 

公式サイトからの通販でお求めも可能です!

2:飾らない!焼きたてが飛ぶように売れていく人気の「匠」

話題沸騰!食パン通も唸る究極のもっちりふわっふわ食パン
話題沸騰!食パン通も唸る究極のもっちりふわっふわ食パン

金沢市浅野本町にある「新出製パン所」は、2011年夏に創業、今年で6周年目を迎える食パン専門店です。

 

朝から晩までひっきりなしに車の出入りがあるお店の一番人気の商品は、「匠-takumi-」という食パンです。味はプレーンで水分たっぷりの生地でモチモチとした力強い弾力がありますが、舌触りはシルクのように滑らか。毎日の食卓に贅沢な喜びを添えてくれます。他にも、きめ細かい生地でしっかりした甘さの山型食パンの「極 -kiwami-」などあり、リピートしがいのあるお店。

 

公式オンラインショップでもお買い上げいただけます。

3:お馴染みの製パンメーカーの店頭非売品!米粉入り食パン

話題沸騰!食パン通も唸る究極のもっちりふわっふわ食パン
話題沸騰!食パン通も唸る究極のもっちりふわっふわ食パン

Pascoといえばスーパーでもよく見かける有名製パンメーカーの一つです。いつもの食パンメーカーであるはずのこのPascoに通販でしか買えない限定商品があるなんて、ご存じでしたか?

 

その一つである「米粉入り食パン」は、パンを作るために開発されたお米「ゆめふわり」と小麦「ゆめちから」を使った食パン。トーストすると炊きたて白飯と香ばしい小麦の香りが漂います。北海道産小麦「ゆめちから」はパン作りのために開発されたグルテンを多く含む"超"強力を出せる小麦です。そのため、米粉のしっとりとした感触だけでなく、もっちりとした噛みごたえも楽しむことができます。数量限定販売となっているため、公式オンラインストアより早くのお申込みが必要です。食パン1本分の大きさですが、冷凍保存しても美味しく食べられますよ。

4:卵・添加物なし!手でちぎって食べたい柔らか食パン

話題沸騰!食パン通も唸る究極のもっちりふわっふわ食パン
話題沸騰!食パン通も唸る究極のもっちりふわっふわ食パン

「点心」は大阪に店舗のある食パン専門店。

 

中華料理店のようなとてもユニークなネーミングのこちらのお店の食パンは、定番人気商品に上り詰めています。その証拠に、尼崎・伊丹・豊中・宝塚・池田・箕面・西宮などへ、食パン1本からお店の方がわざわざ無料配達するほど、支持を集めています。

 

卵も添加物も使わず厳選された素材のみを使用しているのはもちろん、季節によって温度や湿度を変えるなど1本1本丁寧に焼いています。常に焼きたてを提供しているため、水分を含んだ生地はしっとりと柔らかく、手でちぎって感触を確かめながら頬張りたくなります。大阪までは買いに行けないという方もご安心ください、公式サイトから通販が可能!

5:北海道でオーストラリア人が絶賛?ホテル限定食パン

話題沸騰!食パン通も唸る究極のもっちりふわっふわ食パン
話題沸騰!食パン通も唸る究極のもっちりふわっふわ食パン

先ほどから何度か出てきている小麦粉「ゆめちから」は、昔から北海道で作られている品種ではありません。パンに使われる強力粉の多くは、日本では収穫がしづらく海外産に頼っていました。しかし、北海道農業研究センターの尽力により、日本でも育てやすい「ゆめちから」の育種に成功し広く用いられるようになっています。

 

この小麦「ゆめちから」の大規模な生産のきっかけは、北海道農業研究センターによる大生産者・勝部農場への依頼でした。そして、この勝部さんが「ゆめちから」の真価を見ようと選んだのが北海道のスキーの名所・ルスツリゾートでした。

 

ルスツリゾートは近年、オーストラリアから多くの観光客がウィンタースポーツを楽しむために訪れています。パン食文化で育った観光客の皆さんに、ゆめちからで作った食パンの味を試してもらうことになったのです。結果は、素晴らしいモノでした。これにより生産が始まり、ルスツリゾートでは今でも「ゆめちから」の食パンが作られているのです。ウェスティン・ルスツリゾートホテル内のレストラン「スカーレッツ」で購入可能です。

※掲載情報は 2017/03/04 時点のものとなります。

  • 21
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
話題沸騰!食パン通も唸る究極のもっちりふわっふわ食パン
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ