マロンからフルーツまで!しっとりがクセになる魅惑の「パウンドケーキ」

マロンからフルーツまで!しっとりがクセになる魅惑の「パウンドケーキ」

記事詳細


小麦粉・バター・卵・砂糖をまぜ合わせ、そこにフルーツやさまざまな具材をあわせて焼きあげたパウンドケーキ。元々は材料を1ポンドずつ用いて作ったところから、その名がついたともいわれています。生ケーキよりもお日持ちするので、安定の人気手土産。今回はippinキュレーターがおすすめする、今食べておきたい注目の8選をご紹介します。

1:工房で手作り!しっとりなのに格段においしい『くみぱうんど』のパウンドケーキ

マロンからフルーツまで!しっとりがクセになる魅惑の「パウンドケーキ」
マロンからフルーツまで!しっとりがクセになる魅惑の「パウンドケーキ」

ネット販売からスタートし、そのおいしさで今では店舗にまでなった『くみぱうんど』のパウンドケーキ。埼玉にある工房でオーナーが毎日手作りし、体にやさしい素材でできた生地はどれもしっとり。基本のプレーンはもちろん、香り高い宇治抹茶を封じ込めた「お抹茶大納言ぱうんど」や、キャラメルソースとラム酒が香る生地に、香ばしいヘーゼルナッツのクッキーを乗せて焼き上げた「焦がし砂糖と木の実のぱうんど」など、種類も豊富なのが魅力です。

2:これぞ栗スイーツの決定版!食べるのが惜しいほど艶やかに輝く「栗乃宝石箱」

マロンからフルーツまで!しっとりがクセになる魅惑の「パウンドケーキ」
マロンからフルーツまで!しっとりがクセになる魅惑の「パウンドケーキ」

箱を開けた瞬間に歓喜の声があがりそうなスイーツ『夢のまた夢』の「栗乃宝石箱」。プレミアムなパウンドケーキに埋め込まれているのは、宝石のように艶やかな大粒の丹波メープルマロン。ほっくりとした食感と上品な甘みで、同じくたっぷり入った蜜芋やブルーベリーとの相性も抜群。その重量感はここぞというときの勝負手土産にもぴったりですね。

3:これぞ老舗の味!ラム酒とバターの風味がクセになる『ゴンドラ』のパウンドケーキ

マロンからフルーツまで!しっとりがクセになる魅惑の「パウンドケーキ」

パウンドケーキといえば東京・九段下の『ゴンドラ』と言われるほど、スイーツ好きであれば1度は口にしたことがある老舗の名店。見た目はシンプルながらバターの風味豊かな生地と、ラム酒に漬けられたレーズンのバランスが絶妙で、素朴さと華やかさの両面を味わえる逸品。現在は3代目のオーナーが昔と変わらない味を守り続けているそうです。

4:もっちり好きにはたまらない!ホテルメイドの上品さが光る「オレンジケーキ」

マロンからフルーツまで!しっとりがクセになる魅惑の「パウンドケーキ」
マロンからフルーツまで!しっとりがクセになる魅惑の「パウンドケーキ」

定評のある味と上質なパッケージが自慢のホテルメイドのスイーツたち。『シェラトン都ホテル』の「オレンジケーキ」もそのひとつです。風味のいいオレンジピールがたっぷり練りこまれた生地には洋酒が香り、粉っぽくならないようにと絶妙な配合で作られたもっちり感がたまりません。すでにカットされた状態でパックされているので、お呼ばれのときにも差し入れても包丁いらずで便利ですね。

5:内緒にしておきたいほどおいしい!代官山『エニスモアガーデン』の極上パウンドケーキ

マロンからフルーツまで!しっとりがクセになる魅惑の「パウンドケーキ」

自宅でも焼くことができるパウンドケーキですが、シェフが作った極上の味を堪能したい!なんて方には『エニスモアガーデン』も覚えておきたいお店。ケーキを膨らませるためのベーキングパウダーは一切使用せずに、ほどよい甘さとなめらかな食感を生み出した魅惑のケーキです。おすすめの「チーズのパウンドケーキ」は、きめ細やかなしっとりとした生地に、フランス産の2種類のクリームチーズがぎっしり。ワインと一緒にいただいてもよさそうですね。

6:これぞ大人の和スイーツ!ぎゅっと詰まった黒豆とお酒が香る「黒豆パウンドケーキ」

マロンからフルーツまで!しっとりがクセになる魅惑の「パウンドケーキ」
マロンからフルーツまで!しっとりがクセになる魅惑の「パウンドケーキ」

和の食材や豆好きの人におすすめしたい、京都にある『Cafe et Patisserie 玄妙庵』の「黒豆パウンドケーキ」。ぎゅっと詰まった黒豆と生地に染み込ませたお酒の香りが、ひと口頬ばるだけでふんわりと口の中に広がります。見た目以上に濃厚なケーキは、コーヒー紅茶はもちろん、お酒といただいてもおいしいそうです。

7:甘じょっぱさがクセになる!地元の酒造と洋菓子店のタッグで生まれた「十割糀みそケーキ」

マロンからフルーツまで!しっとりがクセになる魅惑の「パウンドケーキ」

岩手県釜石市にある『藤勇酒造』と地元の『アンジェリック洋菓子店』が試作に試作を繰り返して誕生させた「十割糀みそケーキ」。生地に味噌を練り込むのではなく、断面にマーブル模様であらわれるようにとこだわり、味噌風味なのにきちんと洋菓子として仕上げられています。使われる十割糀みそは岩手県産の米と大豆100%で仕込んだ甘めの味噌で、アクセントとして入った胡桃とのバランスも抜群。和と洋の調和が味わえる逸品です。

8:ケーキなのにおかず?ユニークさで注目度満点の『OCAZU CAKEカヴァン』

マロンからフルーツまで!しっとりがクセになる魅惑の「パウンドケーキ」
マロンからフルーツまで!しっとりがクセになる魅惑の「パウンドケーキ」

パンでもお惣菜でもスイーツでもない、甘くないおかずケーキのお店『OCAZU CAKEカヴァン』。ひとつひとつに色んなおかずをとじこめたというその味は「ビーフシチュー」や「キーマカレー」などの洋風から、「筑前煮」や「五目ひじき」といった和の定番おかずまで、幅広いラインナップで楽しめます。ユニークでおいしいケーキは、ホームパーティーで差し入れても注目度満点です。

※掲載情報は 2016/12/24 時点のものとなります。

  • 9
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
マロンからフルーツまで!しっとりがクセになる魅惑の「パウンドケーキ」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ