「一日一個の林檎は医者知らず」病気にならず、医者の世話にならないための林檎3選

「一日一個の林檎は医者知らず」病気にならず、医者の世話にならないための林檎3選

記事詳細


「一日一個の林檎は医者知らず」ということわざは、「1日に1個のりんごを食べれば、病気にならず、医者の世話にならない」という意味があり、毎日食べているとりんごに含まれる食物繊維のペクチンという物質が、食べ物の栄養素を吸収している腸の調子を良くすると言われています。今回は、さすがに毎日りんごをまるごと1個食べるのは難しいという方におすすめの、りんごを使ったスイーツやジュースをご紹介します。

1:【キャラメルアップル】りんごのさわやかな酸味とキャラメルの濃厚な甘味が絶妙

「一日一個の林檎は医者知らず」病気にならず、医者の世話にならないための林檎3選
「一日一個の林檎は医者知らず」病気にならず、医者の世話にならないための林檎3選

ずっしりとした重さの「キャラメルアップル」。カットしてみると、主役のりんごはなんと「生」。りんごそのままのシンプルな中身に、思わずびっくりしますね。りんごのさわやかな酸味とキャラメルの濃厚な甘味がバランスよく絡んで、後味は絶妙なマリアージュ。くどさが残るほどの甘さではなく、たくさん食べても不思議なほどさっぱりですよ。

2:【空のりんご】ぷるっとした食感はゼリーというよりリンゴそのもの!

「一日一個の林檎は医者知らず」病気にならず、医者の世話にならないための林檎3選
「一日一個の林檎は医者知らず」病気にならず、医者の世話にならないための林檎3選

「空のりんご」は、紅玉のりんごを使い、青空に浮かんだリンゴで夏を表現したスイーツ。ぷるっとした食感はゼリーというよりリンゴそのもの。まさに、柔らかいリンゴがゼリーを纏ったというイメージです。紅玉特有の穏やかな酸味と上品な甘みが感じられますので、冷蔵庫で冷やしていただくのがおすすめです。

3:【ホットアップルサイダー】全国初!温めても冷やしても美味しいりんごジュース

「一日一個の林檎は医者知らず」病気にならず、医者の世話にならないための林檎3選
「一日一個の林檎は医者知らず」病気にならず、医者の世話にならないための林檎3選

「ホットアップルサイダー」は、りんごの名産地青森と同じ北緯40度線上のニューヨークやイギリス、フランスなどの冬の風物詩で、世界中のりんご飲料のなかでも最も有名で伝統がある、温めて飲むりんごジュース。そのまま温めて飲むもよし、ホイップクリームをうかべて飲むもよし。また、氷を入れて、生レモンの輪切りを添えるとさっぱりとした飲み口も楽しめますよ。

※掲載情報は 2016/10/05 時点のものとなります。

  • 11
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
「一日一個の林檎は医者知らず」病気にならず、医者の世話にならないための林檎3選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ