子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選

子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選

記事詳細


7月に入りもうすぐ夏休みがやってきます。しかも夏休みの始まる前から、お弁当や給食が終わって子供が早く帰って来るようになりますよね。お昼のメニューを考えるのが大変ですし、それに食事も子供に合わせて食べるようになってしまいます。

 

そんな夏休みが始まる前に、子供に出すにはもったいない、おうちで食べるちょっと贅沢なお昼ご飯をご紹介します。お昼なのであまり手の込んだものではかえって疲れてします。そこで簡単に作れるものやお持ち帰りやお取り寄せしてそのまま食べられるものを選びました。

 

これから始まる長い夏休みの前に、少しだけ贅沢しませんか。

1:世界のHAL YAMASHITAの冷凍ハンバーグ

子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選

世界からトップシェフとして認められている山下春幸氏が創りあげる名店「HAL YAMASHITA」のハンバーグがこちら。

 

深いコクのある国産牛ひき肉といい具合に甘みを持つ国産豚ひき肉がミックスされ、そのお肉達をフォローするその他の素材がほど良く手を結び、珠玉のハンバーグに仕上がっています。なんといっても1個240gのそのボリューム。

 

冷凍なので、冷蔵庫から出したら温めるだけ。そのままご飯のおかずにするのはもちろん、ハンバーグ丼や厚めのパンでレタスと一緒にサンドすれば、贅沢ハンバーガーになる優れたハンバーグです。

子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選

2:福岡の老舗料亭の裏メニューのやわらかい牛タンシチュー

子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選

福岡県糸島市にある『浮岳茶寮』は、老舗料亭を実家に持つ女将による素晴らしいもてなしが受けられる料亭・茶懐石処。そこの裏メニューとして常連に愛されてきたのが、お箸でも切れるやわらかな牛タンがたまらない、正統派デミグラスシチューです。作り方は冷凍の真空パックを温めるだけという簡単さで、デラックスな一皿の出来上がりです。

 

子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選

3:温めるだけのチキンが一本ドーンと入ったボリューム満点の「スープカレー」

子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選

こちらはボリューム満点な札幌発祥の「スープカレー」。北海道に3店、東京と横浜にもお店を構える名店『らっきょ』は、スープカレーを初めて商品化したお店としても知られています。レッグまるごと1本に各種の野菜が入る「チキン」や、頭付きの海老が3尾入る「シーフード」など、たっぷりの重量感が嬉しいですね。

 

子供のカレーとは一線を画す、レトルトいえども贅沢なカレーです。

子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選

4:本格中華の麻婆豆腐を手軽におうちご飯

子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選

横浜中華街にある中華の名店『重慶飯店』の「麻婆豆腐醤(マーボードウフジャン)」が、レトルトパックで食べられます。辛さが特徴の四川料理を代表する“麻婆豆腐”ですが、こちらはただ辛いだけでなく香り高い山椒と奥深い味わいが重なり、他にはない抜きん出た味わいです。豆腐と混ぜてレンジで加熱するだけの手軽さで、期待を超える味わい深さに出会えます。

子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選

5:函館名物「塩ラーメン」でも1日1400杯の記録的数字を誇る絶品

子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選

こちらは、函館麺厨房あじさいの味彩塩拉麺です。「あじさい」は函館五稜郭公園前、創業80年のこだわりの塩ラーメンを出すお店です。東武百貨店の名物催事「北海道物産展」では、いまだに破られていない1日1400杯の記録を誇ります。

 

名物「味彩塩拉麺」の南茅部産の昆布にこだわってじっくり煮出したスープは、あっさりな飲み口ながらコクがあり、特注中細ストレート麺との相性も抜群。塩のほかに正油・味噌・つけ麺・南京そば、極味拉麺(背脂)や乾燥ラーメン(塩・正油・味噌)とバリエーションも豊富に揃っています。

子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選

6:みかんのフタを絞っていただく夏味のバラちらし「夏かん寿司」

子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選

赤坂・茶懐石寿司の『有職』の「夏かん寿司」。『有職』は各界の著名人のファンを抱え、皇室主催の園遊会、お茶会、観劇などにも利用される1933(昭和8)年創業の老舗です。そこの夏の季節メニューが「夏かん寿司」です。

 

黄色い包み紙の丸形状で、包み紙を開くと、大きな夏みかん。その夏みかんが器代わりとなっているバラちらし寿司です。夏みかんの上部のフタを外すと、鯛、エビ、穴子、サケ、枝豆、かんぴょう、シイタケ、玉子など色鮮やかな具材が酢飯の上に敷き詰められています。なんとフタには、夏みかん果肉が付いたままの状態で、食べる直前にフタを絞っていただくのだそう。ほどよい柑橘の酸味と爽やかさが食欲をそそられます。

子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選

7:贅沢茶漬けは子供には食べさせられない

子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選

日本が誇る偉大なるファーストフード「お茶漬け」。その中でもおすすめは、大分にある若栄屋の「鯛茶漬うれしの」。

 

杵築(きつき)にある若栄屋も江戸から続く老舗で家伝のごまだれが自慢です。一子相伝の味として守り受け継がれてきたこの商品名の由来は古く、大分の杵築のお殿様が鯛茶漬けを食べて「うれしいのぅ」と美味しそうに召し上がったことからというのは本当の話。真鯛、秘伝のタレ、金ゴマ、地元大分のお茶がセットになってお取り寄できます。

子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選

※掲載情報は 2016/07/01 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
子供にはないしょ!夏休みが始まる前にママのこっそりおうちで贅沢お昼ごはん7選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ