毎朝「朝一番」で仕入れる新鮮な卵で作った三友堂の「鶏卵花生せんべい」

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2016/03/17 公開

記事詳細

毎朝「朝一番」で仕入れる新鮮な卵で作った三友堂の「鶏卵花生せんべい」

紹介している商品

紹介しているブランド


モノ創りって、有名な素材使えばいいってもんじゃないですよね!

毎朝「朝一番」で仕入れる新鮮な卵で作った三友堂の「鶏卵花生せんべい」

よく、「素材にこだわったから美味しい」とか「丹精込めてつくりました」っていう売り文句を目にしますよね。よく販売促進やPOPの書き方で講演する機会を頂くのですが、そういった販売促進は一番ダメなんです!!!理由はいろいろありますが、あまりにもありふれている表現のため多くの人はそのセールストークには魅力を感じなくなってきているのが事実です……。

 

そして悲しいかな、その影で本当に素材にこだわって丹精込めて作られた商品までも、売り場でそう思われてしまうことが少なくないのです。そんな影にかくれて欲しくない商品が、この「三友堂の鶏卵花生せんべい」なんです。では、この鶏卵せんべい流の素材にこだわる、丹精込めてつくるとはどういったことなのでしょうか??その答えがこの商品にあります。

 

高級ケーキを作るような、1個何百円もするような卵を使っているわけではないんです。著名人が推薦している素材を使っているわけではないんです。声を大にして言いたい!「素材にこだわるって、そういうことだけではないんですよ!!」

 

この鶏卵せんべいにこだわりは、朝、養鶏場で産み落とされたたばかりの卵を毎朝調達に行くんです!!〇〇賞受賞の卵のようなネームバリューはなくても、朝一番で信頼できる生産者から仕入れる新鮮な卵が三友堂にとって最高の素材へのこだわりなんです!

 

しかもただ美味しさのために100kgの小麦に対して60kgもの卵を使います!卵だって値上がりしてる時は、少しでも減らしたくなりますよ。でもこれがお客様のためであり「丹精込めて作った」ということになるとおもうんです!

 

だって名前が「鶏卵花生せんべい」。鳥の卵のせんべいですから、そこはゆずれないんですね!

 

卵の柔らかい甘さと一緒にはいっている落花生が香ばしいんです。焼き色も綺麗な黄金色で黄金せんべいとでも呼びたくなるような雰囲気です!仕事にプライドを持っている人が共感してしまう話。これこそ商品に隠されたストーリーってやつだと思います!話のネタに手土産としてこのストーリーをご一緒にどうぞ。

鶏卵花生せんべい

三友堂製菓有限会社

※掲載情報は 2016/03/17 時点のものとなります。

  • 6
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
毎朝「朝一番」で仕入れる新鮮な卵で作った三友堂の「鶏卵花生せんべい」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

二木英一

二木の菓子 専務取締役 商品開発部長

二木英一

「二木の菓子」ではお菓子の専門店として常時約10,000種類のお菓子を取り揃えて日本中、世界中からお客様をお迎えしています。(規模によりますが一般的な小売店で約500~1000種類位と言われています)文化も、環境も違う地域から見つけてくるお菓子は驚きと、感動がいっぱいです!中には決して大型店舗では、売られる事のない名品も沢山あります!私は、食べる時に思わず感情移入してしまう名品を探すべく日々情報収集と自分の足で確認する事を仕事としています。また最近は独自の視点から商品開発も手がけております。それは、私がお菓子のプロとしてお客様から求められる提案に、手土産があるからです。昨今、お菓子ブームから、ただ売れている商品に似せて作った物が多くあります。そこで、決して流行や売れている物の真似ではなく、お菓子が本来持っている手渡しする意味や本物を形にする為、企画からお菓子が出来るまでを「ふたつ木」という自社ブランドでご提案しています。2015年5月テレビ東京「ガイアの夜明け」~進化するお菓子驚きの販売手法~出演 著書「なぜ20円のチョコでビルが建つのか?」Amazonマーケティングカテゴリー1位獲得

次へ

前へ