生チョコ・ガナッシュ・トリュフの違いとは?知ればあなたもチョコ通になれる!

生チョコ・ガナッシュ・トリュフの違いとは?知ればあなたもチョコ通になれる!

記事詳細


バレンタインを控えたこの時期、チョコレート売り場には多種多様にチョコレートが並んでいます。沢山種類を見ていると、生チョコ・ガナッシュ・トリュフってよく似ているけど、改めて考えてみると違いがよくわからないと思ってしまうことも……。そこで、今回は、生チョコ・ガナッシュ・トリュフチョコの違い調べてみました。そしてippinのキュレーターさんがご紹介するそれぞれのチョコも併せてご紹介します。

 

■生チョコレート
ガナッシュを改良した日本独自のチョコレートで、溶けたチョコレートに生クリームや洋酒など練りこんだものです。

 

■ガナッシュ
ガナッシュは、Ganache(フランス語、英語)から来ています。溶かしたチョコレートにたっぷりの生クリームまたは逆に温かい生クリームにチョコレートを溶かして作るチョコレート。口溶けが良いのが特徴です。

 

■トリュフチョコレート
高級食材のトリュフ(きのこ)の形に似せて作られたのが、名前の由来。内側と外側で触感・モノが違う二層構造になっていて、外側は硬質のチョコレートやココアパウダーでコーティングし、内部は口溶けの良いガナッシュを入れたものが一般的です。

【生チョコ】芦屋トゥール ブランのアールグレイ風味の生チョコ

生チョコ・ガナッシュ・トリュフの違いとは?知ればあなたもチョコ通になれる!

生チョコというと、繊細で溶けやすいふわふわしたチョコを想像しまが、こちらは良い意味で裏切られる一品。見た目はゴツゴツしていて、滑らかさと優しい甘さがありつつも、濃厚でしっかりした食感です。しかし、途中からふわりと爽やかなアールグレイの風味が漂う唯一無二な味わいです。

【生チョコ】「生チョコレート」という言葉を最初に使ったお店の新店舗

生チョコ・ガナッシュ・トリュフの違いとは?知ればあなたもチョコ通になれる!

こちらは、コロンビア産カカオを贅沢に使ったチョコレート専門店で鎌倉にある「ca ca o」の「小町通の石畳」。鎌倉小町通りを象徴する「石畳」をイメージした生チョコレートです。湘南・平塚、横浜・馬車道で大人気の生チョコ発祥店「SILSMARIA(シルスマリア)」が運営されるお店です。その「SILSMARIA」は「生チョコレート」という言葉を最初に使い販売を行ったお店ということでも、スイーツファンから知られている存在です。

 

口に入れた瞬間にとろけていく食感を堪能できる生チョコです。種類は、アロマホワイト、アロマミルク、ヘーゼルナッツ、いちご、抹茶、ミント、オレンジ、バナナの8種あります。

【ガナッシュ】パリの革新スイーツブランド「ユーゴ・エ・ヴィクトール」

生チョコ・ガナッシュ・トリュフの違いとは?知ればあなたもチョコ通になれる!
生チョコ・ガナッシュ・トリュフの違いとは?知ればあなたもチョコ通になれる!

ガナッシュの薫り豊かさには定評がある「Hugo&Victor ユーゴ・エ・ヴィクトール」の定番ショコラ。ガナッシュベネズエラ、ジャンドーヤ ルイボス、ガナッシュ ミエル、ガナッシュ カシス、ガナッシュ キャラメル、ガナッシュトゥーレの6種類の味のチョコラが、シックなトレードマークの手帳型ケースに収まっています。

【ガナッシュ】もう本国でもなかなか出会うことはできなくなった「オテロ」

生チョコ・ガナッシュ・トリュフの違いとは?知ればあなたもチョコ通になれる!

フランス菓子の中でもかなりのクラシックジャンルに分類され、もう本国でもなかなか出会うことはできなくなった「オテロ」。中に隠された軽やかなメレンゲは、フォークを入れた途端、ほろほろとほどけていく繊細な仕上がり。口のなかに入れると、甘く舌の上で溶けていくメレンゲと濃厚なガナッシュが最高のマリアージュを作りあげてくれます。

【トリュフ】老舗2店舗のコラボで誕生した究極の「御抹茶トリュフ」

生チョコ・ガナッシュ・トリュフの違いとは?知ればあなたもチョコ通になれる!

ふたつの老舗店舗とは。創業1969年の老舗洋菓子店「帝塚山POIRE」と、創業1860年の宇治茶の銘店「祇園辻利」。このふたつの老舗がコラボレーションして生まれたのが「御抹茶トリュフ」です。ショコラと抹茶、それぞれのこだわりが炸裂するトリュフ。上品な甘さと絹のようになめらかなクーベルチュールチョコレートと合わせ、隠し味にほんのりと日本酒をきかせているのもポイントです。

 

このトリュフの愉しみ方は、少し室温(約20度~25度)に戻してからお召し上がりいただくと、カカオのミルキーな香りととろけるような口溶け感とお抹茶の芳醇な香りを存分に堪能できます。

【トリュフ】英国王室御用達のピンクシャンパントリュフ

生チョコ・ガナッシュ・トリュフの違いとは?知ればあなたもチョコ通になれる!
生チョコ・ガナッシュ・トリュフの違いとは?知ればあなたもチョコ通になれる!

このトリュフは、エリザベス女王や故ダイアナ妃に愛された、いわゆる英国王室御用達のチョコレート「PRESTAT(プレスタ)」のピンクシャンパントリュフ。イギリスでは知らない人はいないというほどに有名なチョコレートブランドです。

 

ほんのりとシャンパンの香りが漂うトリュフは、口に含んだ瞬間とびきりの贅沢な味を堪能できます。

※掲載情報は 2016/02/07 時点のものとなります。

  • 13
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
生チョコ・ガナッシュ・トリュフの違いとは?知ればあなたもチョコ通になれる!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ