胃腸からポッカポカ!真冬の風邪対策に「生姜パワー」

胃腸からポッカポカ!真冬の風邪対策に「生姜パワー」

記事詳細


インフルエンザが流行しています。会社や学校でも、あちこちでゴホゴホと苦しそうに咳こむ姿が見られます。風邪やインフルエンザにならないために大事なのは、普段の生活から免疫力を意識すること。免疫力がある人は、体内に多少のウィルスが入っても、打ち勝つ力があるのです。免疫力アップには、体温をあげるのが効果的。今回は体温をあげる生姜のアイテムをご紹介。おいしく手軽に生姜をとることで、風邪知らずの冬を過ごしましょう!

1:女性の心身を見つめ続けてきた化粧品会社だから作れたジンジャーティー

胃腸からポッカポカ!真冬の風邪対策に「生姜パワー」

化粧品メーカーとして有名なドクターリセラ。ドクターズコスメの先駆けとして、日本の女性の美について研究を重ねてきました。そんなドクターリセラが顧客の希望に応じて開発したのがこちらの「ジンジャーティー」。島根県江津市で完全無農薬、化学肥料を一切使わずに栽培された生姜だけを粉末化したもので、さっとお湯に溶かすだけでポカポカのジンジャーティーが楽しめます。夏にはアイスジンジャーティーとして楽しむことも。飲んだ瞬間体が温まることを実感できるジンジャーティーで、体温アップを目指しましょう。

2:紅茶やハーブティーに入れるだけ。老舗砂糖やのジンジャーティーは万能!

胃腸からポッカポカ!真冬の風邪対策に「生姜パワー」

1744年創業の老舗砂糖屋「駒平」が作るジンジャーシュガー。飲み物やお料理にさっとくと加えるだけで、ぴりりと尾を引く生姜の辛みと砂糖の甘さが同時に楽しめます。一番人気は紅茶に入れてジンジャーティーとして飲むこと。ダージリンやイングリッシュブレックファーストなど、濃いめのイングリッシュティーに向いています。カフェインが気になる夜に飲む場合はカモミールティーに入れて飲むのもおすすめ。ベッドに入る前に体を温めると、いつもより深い眠りに入れ体の疲れも取れやすくなります。

3:高知県産の完全無農薬栽培の生姜だけで作った手作りシロップ

胃腸からポッカポカ!真冬の風邪対策に「生姜パワー」

日本の生姜栽培地といえば、やはり高知県が圧倒的トップ。こちらは高知の桐島畑で生産された生姜を煮て、粗糖を加えただけの生姜シロップ「桐島畑のジンジャーシロップ」です。


桐島畑では生産する全ての野菜に農薬を使わず、無添加無農薬で作ってるため、野菜本来のおいしさと旨みを楽しむことができるのです。国産の生姜は外国産に比べてすっきりした後味が特徴。生姜の辛みを感じながらも、しつこい後味が残らずすっと口の中から消えていくような印象です。風邪の引き始めや予防にはこれを飲んで体を温めてくださいね。

4:スペインバルの定番人気メニュー、アヒージョに生姜をプラス!

胃腸からポッカポカ!真冬の風邪対策に「生姜パワー」

日本でもすっかり定着したスペインバル。フレンチやイタリアンと違い、肩ひじ張らずに気軽に楽しめるのが人気の秘訣のようです。スペインバルの人気メニューと言えば、にんにくと唐辛子がたっぷり入ったオリーブオイルで具材を油煮する「アヒージョ」。具材にはマッシュルームやエビなどがあります。アヒージョに生姜をプラスした商品がこちらの「ジンジャーアヒージョ」。オリーブオイルに生姜とにんにく、ローリエなどのスパイスが、うまく溶け込み、パンやパスタにつけるだけでとびきりのごちそうに早変わり!かわいいボトルはプレゼントにもぴったりです。

5:パーティーシーンで活躍!

胃腸からポッカポカ!真冬の風邪対策に「生姜パワー」

野菜やフルーツのエキスを濃縮して保存したコーディアル。カフェインレスでヘルシーな飲み物として注目されています。イギリス生まれのコーディアルは通常ハーブやお花などを原料としているものが多いのですが、こちらは、日本産らしく高知県産の生姜と、宮崎県産の日向夏を使用したもの。化学調味料・合成着色料・合成香料・動物性原料を使用していないので、お子様や妊婦でも安心して飲むことができます。

6:アメリカのママの味?喉がカッとなるほど生姜たっぷりのジンジャーエール

胃腸からポッカポカ!真冬の風邪対策に「生姜パワー」

アメリカ最大の食の祭典「ジェームス・ビアード・アワード賞」を2度受賞したシェフ、Bruce Cost 氏が作る100%自然素材だけを使用した、ジンジャーエール。生の生姜と純粋なサトウキビだけで作られているため、化学甘味料で作ったジンジャーエールと比べると、生姜のダイレクトな辛みを感じられます。また、生姜は粒が感じられるほどそのまま残っているので、喉の痛みの和らぎにも期待できます。アメリカでは子供が風邪をひいたらママの手作りジンジャーエールを飲むそうですが、こちらはまさに母親の手作りのような味。

7:世界一予約が取れないレストランのシェフが作ったジンジャーシロップ

胃腸からポッカポカ!真冬の風邪対策に「生姜パワー」

ニューヨークで最も予約がとりづらいレストランの一つ「Bohemian New York」。そのお店のエグゼクティブシェフ兼ディレクターのKiyo Shinokiさんが、世界中のジンジャーエールを飲み歩き、生ショウガと数種類のスパイスをブレンドして作り出したのが、このジンジャエールシロップです。炭酸と割るとジンジャーエールに、お酒で割るとジンジャーカクテルに。またパンやアイスクリームなどにかけて楽しむのもいいですね。ニューヨークらしいミニマルなボトルにも注目。風邪をひいている人に贈ると感動されちゃうかも!

※掲載情報は 2016/02/04 時点のものとなります。

  • 8
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
胃腸からポッカポカ!真冬の風邪対策に「生姜パワー」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ