目標達成したチームメンバーに贈る、みんなで食べたい!シェア系 厳選スイーツ5選

目標達成したチームメンバーに贈る、みんなで食べたい!シェア系 厳選スイーツ5選

記事詳細


年末も近づいてきましたが、今年の目標は達成できましたか?目標達成をするためには自分自身もがんばることが必要ですが、特にチームで動くことも多いと思いますので、周りの人たちの協力は必要不可欠です。来年からまた新たな気持ちで仕事行うため、感謝を伝えてみてはどうですか。今回は、大勢でワイワイ食べたいスイーツやお菓子を選んでみました。会話にも困らない話題性のあるものばかりですので、みんなで一緒に食べて一年を振り返りませんか。

1:予約しないと絶対手に入らないオーダーメードのスイーツ!

目標達成したチームメンバーに贈る、みんなで食べたい!シェア系 厳選スイーツ5選
目標達成したチームメンバーに贈る、みんなで食べたい!シェア系 厳選スイーツ5選

唯のスイーツではありません。予約しないと手に入らない大変貴重なスイーツです。代々木公園にある【Fleurs d’ete(フルール・ド・エテ)】では、定番の商品から季節のフルーツを使ったスイーツ、こちらではコフレ・デセールと呼ばれているものがあります。こちらを紹介してくれたのは、元CA、企画&ライターの渡邊里衛さん。ミシュランなどにも掲載されているお店でも修行をしたオーナーの庄司夏子さんが創るオーダーメードのデセールは、フルーツを使った繊細でまるで宝石のような出来栄え。そのため郵送などにも対応せず、受け取りのみでしか手に入りません。大変美しい、オーダーメードで創られるコフレ・デセール。きっと喜ばれること間違いありません。また、コフレ・デセールを注文した方のみができる、完全予約制1日1組限定のレストランもありますので、コフレ・デセールを注文して、お店にも行ってみてはいかがでしょうか。

2:4つの厳選した材料しか使わない「ガトーショコラ」

目標達成したチームメンバーに贈る、みんなで食べたい!シェア系 厳選スイーツ5選
目標達成したチームメンバーに贈る、みんなで食べたい!シェア系 厳選スイーツ5選

レストランの人気メニューで、TVや雑誌などにも紹介されていて、チョコレート好きにはたまらないのが、この【ケンズカフェ東京】の「ガトーショコラ」です。そのこだわりは材料にも現れており、4つの厳選した素材しか使われていません。1つ目は、「ドモーリ」のガトーショコラのためにオリジナルで調合したグランクリュショコラ「KEN’S」。2つ目は、『幻のバター』と言われてきた深いコクを醸し出す国産の「カルピス特選バター」の無塩バターを使用。3つ目は、全て天然の飼料と地下40メートルから汲み上げた天然水を与えられた鶏の「昔の味たまご農場の卵」。4つ目は、「グラニュー糖」。と、こだわりの素材を使い作られる「ガトーショコラ」は、温めてフォンダンショコラとして、冷やして生チョコとして楽しむことができ、高級感のある箱にゴールドリボンにあしらわれているパッケージも高級感がありますので、手土産や差し入れなどとしても大変喜ばれるスイーツではないでしょうか。

3:関係を深めていくのにぴったりな、みんなで切り分けて食べる「シュトーレン」

目標達成したチームメンバーに贈る、みんなで食べたい!シェア系 厳選スイーツ5選
目標達成したチームメンバーに贈る、みんなで食べたい!シェア系 厳選スイーツ5選

季節柄もありますが、今の時期にしか味わえないモノはいかがでしょうか。クリスマスを待つ間に、少しずつスライスして食べていくというストーリーもある、ドイツ生まれの「シュトーレン」。素敵ではないか。最近では、多くのパティスリーでも見られるようになってきましたが、パティシエごとにレシピも異なるため、お店によって味や食感が違うのも魅力の一つです。シュトーレン研究に余念がない、というY+Associates代表の高野要一郎さんが紹介してくれたのが、【東京フロインドリーブ】の「シュトーレン」。ドイツ仕込みのどっしりとした生地にフルーツやナッツがギュッと詰まっているため、食感なども至極の味わいなんだそうです。大きさも、特大サイズまでの4種類ありますので、シーンに合わせて購入も可能。差し入れなどでもみんな切り分けあって食べることができますので、関係を深めていくのには、ふさわしいお菓子の一つではないでしょうか。

4:個別じゃない!みんなで分けて食べる「プリン」

目標達成したチームメンバーに贈る、みんなで食べたい!シェア系 厳選スイーツ5選
目標達成したチームメンバーに贈る、みんなで食べたい!シェア系 厳選スイーツ5選

子供のころ、バケツや洗面器などにはいったプリンを独り占めしたいと思ったことはありませんか。イメージとしては一個づつ分かれていると思いますが、「エゾアムプリン」は違います。紹介者のキギ・KIGI代表であるアートディレクターの植原亮輔さんに紹介してもらったのは、北海道富良野市で【エゾアムプリン製作所】が作っている一日にたった18個しか作ることができず、届くのに1ヶ月以上かかる事もあるのです。植原さん曰く、味も素朴で甘すぎず美味しい、プリンのもっちり感をしっかり感じられるんだそうです。大きな陶器に入っているため、驚きも与えられますし、一人でも食べられるし、ワイワイと取り分けても食べられ会話が弾むスイーツです。1ヶ月以上かかることもありますので、事前に準備しておくことをオススメいたします。

※掲載情報は 2015/12/13 時点のものとなります。

  • 10
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
目標達成したチームメンバーに贈る、みんなで食べたい!シェア系 厳選スイーツ5選
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ