カナダ・ケベック州初のシャトーで作られるりんごアイスワイン「アップルサイダー」

カナダ・ケベック州初のシャトーで作られるりんごアイスワイン「アップルサイダー」

記事詳細


紹介している商品


世界でも有数のアイスワイン生産国

芳醇な香りと甘い口当たりが女性に非常に人気がある「アイスワイン」。アイスワインが作られるのはドイツ、オーストリア、米国の世界中でもごく一部の地域です。カナダはその中でも、極めて寒冷なワイン産地ですので、非常に人気の高い製品の年間生産量を保証する事ができるのです。 アイスワインは、厳しい気象条件と手作業のため大量生産はできません。通常秋に収穫するブドウをつるに残したまま自然冷凍された状態で作ります。遅摘みにより完熟している ことに加え、凍ったまま搾ることで糖度が上がるのでアイスワインは甘くなるのです。

カナダ・ケベック州初のシャトーで作られるりんごアイスワイン「アップルサイダー」

カナダのアイスワインの大半はオンタリオ州で生産されており、ブリティッシュ・コロンビア州がそれに次ぐ生産地となっています。さらにケベック州とノバスコシア州でもアイスワインの生産が行われています。

リンゴのアイスワイン「アイスサイダー」

カナダ・ケベック州初のシャトーで作られるりんごアイスワイン「アップルサイダー」

アイスワインの生産地でもあるカナダのケベック州には、ブドウを使ったアイスワインの他にリンゴを使った「アイスサイダー」と呼ばれるアイスワインがあります。アイスサイダーをつくる過程はアイスワインと変わりませんが、アイスサイダーにはリンゴを使用します。霜のない日が年間120日程度のケベック州でもリンゴの生産が盛んで、1990年代にリンゴを使ったアイスワインがつくられました。アイスワインよりも甘みが強く、リンゴ独特の酸味がアルコールと相性がよくカナダではデザートワインとして人気があります。炭酸が入った、スパークリングアイスワインというものもあります。フランスのシードルと同じようにリンゴを発酵させてつくられますが、アイスワインのようにリンゴを自然に凍らせてからつくるカナダの「アップルサイダー」の甘みと酸味は独特の味わいです。 上記画像の商品は、「Chateau Taillefer Lafon」はケベック州で初めて「シャトー」という名称を付ける事が許されたワイナリーのものです。このワイナリーがつくるアップルサイダー「Cidre de glace Grand Frisson」は、2007年と2011年に【Finger Lake International Wine Competition USA】で金賞を受賞しています。 日本ではまだあまり知られていませんが、「アップルサイダー」ブームが来る日は近いかもしれません。

※掲載情報は 2015/03/17 時点のものとなります。

  • 1
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
カナダ・ケベック州初のシャトーで作られるりんごアイスワイン「アップルサイダー」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ