定番のようで変化球!目のつけどころを褒められそうな技ありギフト

定番のようで変化球!目のつけどころを褒められそうな技ありギフト

記事詳細


せっかくなら「センスあるな」と思ってもらえたら嬉しい、ギフトや手土産選び。定番過ぎてもつまらないし、奇をてらいすぎてしまうのも避けたい。そんな方のために今回は、アイテムとしては定番ながらもひとひねりある「変化球定番ギフト」を揃えました。どれも目のつけどころが素晴らしい一品ばかりですので、ギフトをもらい慣れている人にもちょっとした印象を残せるでしょう。

1:結婚お祝いや引越し祝いにも! 料理ごとに食べ比べが楽しめるお米ギフト

定番のようで変化球!目のつけどころを褒められそうな技ありギフト

カラフルな包みが心を浮き立たせるこちらは、京都の老舗米屋『八代目儀兵衛』の十二単シリーズ「満開」。定番なのに新しさを感じる、お米のギフトです。それぞれのお米の包みには、お鮨用や丼物用、お粥用とオススメの調理法がかかれ、お米の食べ比べが楽しめます。ファミリーへはもちろん、結婚お祝いや単身の方へのご贈答品としても使い勝手が良く、バラマキ用ギフトとしても場を盛り上げてくれますよ。

 

ブランド名:八代目儀兵衛

商品名:十二単シリーズ    「満開」(お取り寄せ可)

2:フレッシュでみずみずしい! 新たな風を吹かせてくれる新感覚のドライフルーツ

定番のようで変化球!目のつけどころを褒められそうな技ありギフト
定番のようで変化球!目のつけどころを褒められそうな技ありギフト

フルーツのギフトも世代を選ばずに贈ることができる定番の品。ですが、お日持ちや量、置き場所の心配があるので、相手の状況がわからないと案外贈るシーンが選ばれるものです。フルーツ好きな方にもオススメしたいのが、GINZA SIXに店舗を構える『綾farm』の「セミドライフルーツ」。一般的なものとは一線を画する、新鮮でみずみずしい新感覚の生ドライフルーツです。取引先など初めてのご挨拶にも素敵な印象を残せるでしょう。

 

ブランド名:綾 farm

商品名:セミドライフルーツ彩りボックス

3:パンケーキ用からカレー用まで! 目的別の使い分けが斬新な「はちみつDAYS」

定番のようで変化球!目のつけどころを褒められそうな技ありギフト

高級はちみつはギフトとしての安定感はありますが、あまり印象に残らないことも。また、もらっても何に使おうか悩んでしまう方もいらっしゃるようです。贈る側と贈られる側、どちらの問題も解決してくれるのが、『秋田屋』の「はちみつDAYS」です。トースト用やヨーグルト用、パンケーキ用など、目的別のはちみつがセットになっています。中にはカレー用なんて変わり種も。料理好きな方や美容意識の高い方へのギフトにも喜ばれています。

 

ブランド名:秋田屋

商品名:はちみつDAYS ギフトBOX6本セット(お取り寄せ可)

4:ワインパーティーへの持ち寄りギフトにも! チーズそのものな味わいマカロン

定番のようで変化球!目のつけどころを褒められそうな技ありギフト

マカロンもすっかり市民権を得て定番の手土産となりました。女性人気は今も高く、喜んでもらえるギフトですが、辛党さんへの好印象を目指すならこちらもチェックしておきましょう。お酒との相性が抜群な『六本木マカロン』の「プレミアムチーズマカロン」です。カマンベール・ゴルゴンゾーラ・ミモレットの3種があり、中でもゴルゴンゾーラはまるでチーズを食べているような感覚です。持ち寄りパーティーでも差をつけられる一品です。

 

ブランド名:六本木マカロン

商品名:プレミアムチーズマカロン(お取り寄せ可)

5:ひと手間とインパクトが心をとらえる! 忘れられない味わいの「あおもり生プリン」

定番のようで変化球!目のつけどころを褒められそうな技ありギフト
定番のようで変化球!目のつけどころを褒められそうな技ありギフト

手土産の超定番であるプリンで勝負するなら、味わいはもとより見た目でもインパクトを与えましょう。『ナチュール青森』の「あおもり生プリン」は、青森のミルクと卵の旨さを最大限に引き出すプリンとして、生の卵黄を直前にのせるという選択にたどり着いた驚きのプリン。見た目や工程だけでなく、驚くべきはそのおいしさというのも、相手の心をとらえるポイントです。着実に距離を縮めたい相手への奥の手ギフトとしてご活用ください。

 

ブランド名:ナチュール青森

商品名:あおもり生プリン(お取り寄せ可)

6:まろやかな洋菓子とやわらか和菓子の融合! 大人の贅沢手土産「モンブラン大福」

定番のようで変化球!目のつけどころを褒められそうな技ありギフト

手土産や差し入れとして甘いものを探している時、和菓子にするか洋菓子にするか意外と悩みますよね。それならいっそ両方という選択肢はいかがでしょう。モンブランと大福という和洋の定番を合わせた、嘉永5年創業の『日の出楼』の「モンブラン大福」は、ほんのりと洋酒が香る白あんともっちりととろけるクリームがたまりません。老舗の安定感と新鮮さが融合した一品で、手土産選びの達人として一目置かれちゃいましょう!

※掲載情報は 2019/04/01 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
定番のようで変化球!目のつけどころを褒められそうな技ありギフト
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ