帰国前の空港でも買える!伝統ある『バラッティ エ ミラノ』の優雅なチョコレート

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-

記事詳細

帰国前の空港でも買える!伝統ある『バラッティ エ ミラノ』の優雅なチョコレート

紹介している商品


イタリアのファッション文化を感じさせる気品溢れるパッケージ

私が空港でふと手にしたチョコレート。実はこの古き良き時代のイタリアを象徴するようなラグジュアリーなファッショを身に纏った紳士淑女の姿に目を奪われました。

帰国前の空港でも買える!伝統ある『バラッティ エ ミラノ』の優雅なチョコレート

パッケージを開けてみると、ネイビーブルーを基調にした老舗の風格あるチョコレートが整然と並べられていました。

帰国前の空港でも買える!伝統ある『バラッティ エ ミラノ』の優雅なチョコレート

ゴールドのチョコレートはヘーゼルナッツをたっぷり使ったジャンドゥーヤ。四角いチョコレートはミルクチョコレートにヘーゼルナッツのチョコレートをサンドしたチョコレートです。

帰国前の空港でも買える!伝統ある『バラッティ エ ミラノ』の優雅なチョコレート

イタリアではこのヘーゼルナッツを使ったチョコレートが最も人気がありますが、『バラッティ エ ミラノ』のあるトリノはそのヘーゼルナッツの名産地ピエモンテ州の州都。こちらのチョコレートにはこのピエモンテ産ヘーゼルナッツを惜しみなく使用していて、滑らかな口どけと香ばしい風味が特徴。イタリアのジャンドゥーヤ好きには、たまらない味わいです。

数々の文化人に愛された160年もの歴史を持つ老舗

帰国前の空港でも買える!伝統ある『バラッティ エ ミラノ』の優雅なチョコレート

ところで、『バラッティ エ ミラノ』の「ミラノ」ですが、これは都市の名前のミラノではなく創業者の名前からつけられたものです。

 

『バラッティ エ ミラノ』の創業は1858年。イタリア北部のトリノでフェルディナンド・バラッティとエドアルド・ミラノによって生まれた老舗の『バラッティ エ ミラノ』。初代イタリア国王のヴィットーリオ・エマヌエーレ2世が愛した名店としても知られています。

 

トリノといえば、世界遺産にもなっているサヴォイヤ家の王宮があり、1861年のイタリア全土が統一国家になったときの最初の首都が置かれた街。歴史ある街並みの中心部にあるカステッロ広場にこの街の象徴となっている『バラッティ エ ミラノ』のカフェあります。

 

パッケージに描かれたような気品溢れる紳士淑女の集まる社交の場として、この『バラッティ エ ミラノ』は栄えてきました。長い歴史とともに多くの文化人や詩人に愛された名店の味。嬉しいことに、イタリアのローマ空港でもこちらのチョコレートが手に入ります。帰国する前のお買い物でも間に合うので、是非、手にして味わってみてください。

※掲載情報は 2018/10/10 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
帰国前の空港でも買える!伝統ある『バラッティ エ ミラノ』の優雅なチョコレート
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

黒部和夫

ファッション評論家

黒部和夫

最大手アパレルでメンズ商品開発室長、プレス責任者を歴任。
日本流行色協会、日本アパレル・ファッション産業協会、日本メンズファッション協会、繊維ファッション産学協議会、ファッション業界4団体の委員を歴任。
服飾に関する豊富な知識と幅広い交友関係を持ち、外見力向上、ファッション教育のスペシャリスト。
プルミエールヴィジョン 「明日のメンズファッションを語る世界の4人」に選出、パリにて世界のファッションジャーナリスト300人に講演。
NY在住の妹、パリ在住の従妹、各国の友人など国際ネットワークによる情報の速さにも定評がある。
欧米のファッション業界関係者から名付けられたニックネーム「カルロ」は国内外のファッション、PR、雑誌業界関係者に広く知られ、社名の由来となった。
(財)日本流行色協会メンズカラー選定委員。(財)ファッション産業人材育成機構 IFIビジネススクール特別講師。青山学院大学など各総合大学で講演多数。学校法人杉野学園ドレスメーカー学院特別講師卒業制作審査委員会委員長。
日経電子版「メンズファッション」にて連載中⇒http://style.nikkei.com/fashion/

次へ

前へ