薔薇に恋したスイーツ、ローズホテル横浜の「ザ・ローズ」

薔薇に恋したスイーツ、ローズホテル横浜の「ザ・ローズ」

記事詳細


紹介している商品


テーブルに薔薇が咲いたような美しいケーキ

薔薇に恋したスイーツ、ローズホテル横浜の「ザ・ローズ」

薔薇の美しい季節になりました。
この季節になると、会いに行きたくなるスイーツがあります。

横浜中華街にある『ローズホテル横浜』の薔薇の花のケーキ、その名も「ザ・ローズ」。

「ザ・ローズ」がサーブされると、まるでテーブルに薔薇の花が咲いたようです。
しばらくその美しさを眺め、アロマを確かめてみたくなってしまいます。

このケーキを初めて知った時、思わず「わあ、綺麗!」と声を上げてしまったほど。
女性なら、きっとこのケーキのファンになってしまうはずです。

「ザ・ローズ」は繊細でフルーティ、紅茶によく合う

薔薇に恋したスイーツ、ローズホテル横浜の「ザ・ローズ」

真っ赤な大輪の薔薇の中は3層になっていて、ふわふわっとしたダコワーズに、なめらかなバニラと苺の2種類のムースのレイヤーが重なっています。

 

舌にのせると、程よい甘さの次に、アクセントで忍ばせてあるというラズベリージュレの甘酸っぱさが広がります。
フルーティなケーキなので、紅茶にとてもよく合います。

 

トップに輝くシルバーのアラザンは、花びらからこぼれ落ちる朝露をイメージしているそうです。
それにしても、美しすぎて、食べてしまうのがためらわれますね。

薔薇の季節に期間限定で3種類のローズが登場

薔薇に恋したスイーツ、ローズホテル横浜の「ザ・ローズ」
薔薇に恋したスイーツ、ローズホテル横浜の「ザ・ローズ」
薔薇に恋したスイーツ、ローズホテル横浜の「ザ・ローズ」

「ザ・ローズ」(430円)には1年を通して会えますが、薔薇の美しい季節に期間限定(3月24日~月/6日)でもう2種類の薔薇が登場します。

 

「ローズパッション」(430円)は、ベルベットのようなホワイトチョコレートの薔薇の中に、パッションムース、ゼリーを忍ばせた甘酸っぱいケーキ。

 

「ローズカフェマロン」(500円)は、カフェマロンが薔薇の形になったケーキ。
コーヒームースとマロンクリームをヴァローナ社のチョコレートで仕上げ、ムースで包まれています。
甘さがベースにありながらも、わずかに感じさせる渋みと苦みのマリアージュが繊細な仕上がりです。


『ローズホテル横浜』1階にある「ブラスリー ミリーラ・フォーレ」にてお茶を飲みながら召し上がることもできますし、ショップでテイクアウトも可能です。

 

横浜市主催の花と緑のイベント「ガーデンネックレス横浜2018」にもリンクしている『ローズホテル横浜』の「ザ・ローズ」。
横浜の薔薇の名所を散歩がてら、ぜひ「ザ・ローズ」にも会いに行ってみてはいかがでしょう。

※掲載情報は 2018/04/16 時点のものとなります。

  • 7
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
薔薇に恋したスイーツ、ローズホテル横浜の「ザ・ローズ」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ローズ麻生育子

サロン道(C)研究家

ローズ麻生育子

有限会社ハッピーキューブス代表、サロネーゼカフェ(C)プロデューサー。
東京・世田谷生まれ。
青山学院大学フランス文学科卒業後、ラフォーレ・ミュージアムの企画室にて、コーディネーターとして、アートを中心としたイベントの企画、運営に携わる。
その後、子育ての傍ら京都造形芸術大学建築学科で学び、2級建築士の資格を取得。
2006年に起業後は女性のキャリア・生き方をサポートするイベントやセミナーの企画運営、企業のPR&ブランディングなども手がける。
2012年、3月6日を自宅を活用して教室などを開く女性(=サロネーゼ)を応援する「サロネーゼの日」として記念日に制定し、サロネーゼのコミュニティ「サロネーゼカフェ@」の運営を開始。

次へ

前へ