淡麗辛口が特徴!日本酒好きが辿り着く聖地・新潟の日本酒

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2018/03/20 公開

記事詳細

淡麗辛口が特徴!日本酒好きが辿り着く聖地・新潟の日本酒

日本有数の米どころである新潟は兵庫や京都に続き、全国3位の日本酒生産量を誇ります。多くの蔵が軟水で醸していることや、1957年に酒造好適米の“五百万石”が誕生したこと、精米歩合が他県と比べ低めなどさまざまな条件が重なり、新潟の日本酒の多くがすっきりした飲み口の淡麗辛口が特徴となっています。今回は日本酒好きなら必ずたどり着くと言われる新潟の酒から、ippinキュレーターのみなさんが厳選した一滴をお届けいたします!

日本酒好きの間で話題! 老舗蔵元が満を持して送りだした新作「越乃寒梅 灑」

淡麗辛口が特徴!日本酒好きが辿り着く聖地・新潟の日本酒

2016年に45年ぶりの新作として満を持して誕生した、新潟市の蔵元『石本酒造』の「越乃寒梅 灑(さい)」。「越乃寒梅」は日本酒好きならずとも耳にしたことがある有名銘柄で、2017年に110周年を迎える歴史ある日本酒。その風格あるブランド名を携えた新たな一滴は、酒造好適米の五百万石と山田錦を使った精米歩合55%の純米吟醸酒。口当たりがなめらかで、ドライ過ぎず上品な味わいは、思慮深いさっぱりとした印象を残します。

新潟県酒造米を信濃川の伏流水で仕込む! 十日町の山際で育まれる甘口「天神囃子」

淡麗辛口が特徴!日本酒好きが辿り着く聖地・新潟の日本酒

十日町市郊外の山際に位置し、主に新潟県の酒造米を信濃川の伏流水で仕込む『魚沼酒造』は、辛口の多い新潟県では異色ともいえる甘口にこだわる酒蔵のひとつ。「天神囃子」は大吟醸から普通酒までラインナップするメインブランド。精米歩合55%で仕上げる“特別純米生原酒しぼりたて”は、生原酒なので17度とちょっとアルコール度高め。しぼりたてなのでフレッシュ感が香り立つのに、まろやかな甘口が楽しめる貴重な味わいです。

全く妥協しない真剣な酒造りで定評あり! 爽やかな辛口な仕上がりの「松乃井」

淡麗辛口が特徴!日本酒好きが辿り着く聖地・新潟の日本酒

続いても十日町から、酒造りへのこだわりに定評のある蔵元『松乃井酒造場』をご紹介しましょう。アカマツ林から湧き出る井戸水を使用し、自社精米した酒米は手研ぎし、昔からの和釜で蒸米。糀造りも機械にたよらず、泊まり込みでもろみを管理するなど、徹底したこだわりを誇ります。数ある銘柄でも有名なのが「松乃井」。とくに精米歩合55%の特別純米酒で加熱処理をしていない生酒タイプは、キレと爽快感のある飲み口がたまりません。

伝統と風土を守るための新しい息吹! インパクト大のデザインが光る「おむすび」

淡麗辛口が特徴!日本酒好きが辿り着く聖地・新潟の日本酒

かわいらしくシンプルでインパクト抜群の白黒のボトルデザインのモチーフは“おにぎり”。手がけたのは、新潟市で1767年創業の酒蔵『今代司(いまよつかさ)酒造』。酒造好適米の五百万石を精米歩合70%で使用した酒を今代司で伝統を守る高杉杜氏が磨き上げた「新潟清酒おむすび」は、しっかりとした淡麗辛口の美しいキレですーっと抜けていく飲み口がなんとも新潟らしい一本です。

純米酒なのに香り高さが評判! 縁起の良い名前もギフトにぴったりな「笹祝」

淡麗辛口が特徴!日本酒好きが辿り着く聖地・新潟の日本酒

稲穂が広がる蒲原平野にある蔵元『笹祝酒造』の「笹印 純米無濾過酒」は、一般的に香りを際立たせるのが難しいとされる純米酒にもかかわらず、パイナップルを思わせるようなフルーティーな香りが特徴です。しっかりした味わいと香り、そして後に残らないスーッとしたキレの良さに、甘い香りが余韻を残します。酒米は山田錦100%で精米歩合は60%。お米本来の味を引き出すために瓶詰後に低温で熟成を行い、旨味を蓄えています。

女子ウケ抜群! 華やかなシーンにも最適な香り高い「上善如水スパークリング」

淡麗辛口が特徴!日本酒好きが辿り着く聖地・新潟の日本酒

南魚沼郡湯沢町に本社を置く1855年創業の酒蔵『白瀧酒造』が手がける「上善如水」は、雪解け水のごとくすいすいと喉を通るすっきり爽やかな日本酒。香り高く、女子ウケも抜群なお酒ですが、さらに華やかなシーンで楽しむなら、「上善如水スパークリング」を試してみてはいかがでしょう。お米のまろやかさとやさしい炭酸がプチプチと弾ける発泡性の日本酒で、酸味も渋みも控えめなので食事前の乾杯にもぴったりですよ。

ワイングラスを傾けたい!芳醇な香りと繊細で深みのある味わいの「北雪」

淡麗辛口が特徴!日本酒好きが辿り着く聖地・新潟の日本酒

佐渡島の小さな港町にあり、創業140年を超える老舗蔵『北雪酒造』。酒造好適米の山田錦を35%まで磨き上げ、長期低温醗酵で作り上げる大吟醸酒が「北雪 大吟醸YK35」です。精米歩合35%の芳醇な香りと繊細で深みのある味わいは、ぜひワイングラスで確かめて。デューク更家さんは、さらにかちわり氷を入れて飲むのがお気に入り。普通は日本酒に氷を入れるとくさみが出てしまうことが多いけれど、これはまったく出ないので試してみて。

※掲載情報は 2018/03/20 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
淡麗辛口が特徴!日本酒好きが辿り着く聖地・新潟の日本酒
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ