ホテル椿山荘東京オリジナル「フォンド・レザン」は、生地のバランスが絶品

ホテル椿山荘東京オリジナル「フォンド・レザン」は、生地のバランスが絶品

記事詳細


紹介している商品


ウィーンの人気菓子店デメルの日本店と、ホテル椿山荘東京がコラボレーションして作られたオリジナルスイーツ

ホテル椿山荘東京オリジナル「フォンド・レザン」は、生地のバランスが絶品

「フォンド・レザン」は、ウィーンの人気菓子店デメルの日本店と、ホテル椿山荘東京がコラボレーションして作られたオリジナルスイーツで、とても目を引かれました。いくつもあるスイーツの中で、デメルと椿山荘とのコラボということで目に入り、購入してみました。サイズは4号(12cm)で、デメルの箱に入っていて高級感もあります。

 

生地の下部は、アーモンドたっぷりのフランスの伝統的なお菓子「パンドジェンヌ」に似たようなイメージで、ラム漬けレーズンとバニラのバタークリームを、サクサクした食感のダックワーズの生地ではさんであるところが、とてもおもしろくて珍しいのです。

 

普段、洋菓子研究家のお仕事をしているので、普通は、上のメレンゲを使った焼き菓子「ダックワーズ」生地でサンドするのだったら分かりますが、焼き菓子の上にバタークリームをのせて、更にメレンゲの甘い生地をのせるという発想が斬新でした。

 

この「フォンド・レザン」は使われている素材などからは、一見とても甘いイメージがありますが、いただいてみると、直径12cm(4号)サイズなので、バタークリームもそれほど多くなく、生地とのバランスが良いんです。更に、アクセントにオレンジピールが入っていて、とても爽やかな後味が広がります。各素材のバランスがとても良いので、一口大(6~8カット)に切って、お気に入りのコーヒーと一緒に楽しんでみてください。

 

ホームパーティーにもこの「フォンド・レザン」は大活躍しそうですね。

紹介しているお店
ホテル椿山荘東京

※掲載情報は 2018/01/28 時点のものとなります。

  • 13
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
ホテル椿山荘東京オリジナル「フォンド・レザン」は、生地のバランスが絶品
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

木村幸子

洋菓子研究家

木村幸子

洋菓子に関わる雑誌・TV・WEB等での洋菓子監修・出演・コーディネート、洋菓子店やカフェの新商品開発、雑誌・企業へのレシピ考案・商品開発・製造及び指導、ホテル・イベントなどへの講演・出張講師、洋菓子に関わるイベント企画及び催行等を行っている。
パティスリーのような洗練されたお菓子を中心に、ママ&キッズ向け〜トレンド〜美容系まで対応。
ギネス世界記録「最大のチョコレートキャンディーの彫刻」の製作(2012年2月世界記録認定)
著書 『3・5・7ステップでできる!憧れのゴージャスチョコレシピ』
   『大人のパンケーキ&フレンチトースト』
   (共に主婦の友社発売)

次へ

前へ