これぞホンモノのB級ご当地グルメ!素材で楽しむハンバーガー&サンドイッチ

これぞホンモノのB級ご当地グルメ!素材で楽しむハンバーガー&サンドイッチ

記事詳細


ハンバーガーやサンドイッチといえば、ビーフやポークのパテ、ハムやベーコンなどを挟むことが多いですが、実は地域によって様々な具材を挟んだものに出会えることをご存知でしょうか?そこで、ご当地名物や、その土地では当たり前の具材を挟んだハンバーガーとサンドイッチをご紹介します。ちょっと珍しいものもありますが、ファーストフードやB級グルメなどと侮れない、その土地の美味しさを満喫できるものばかり。少し足を延ばしてご当地バーガー&サンドイッチを堪能してみてくださいね!

1:和歌山自慢の紀州梅+バーガーの意外な組み合せに感動!

これぞホンモノのB級ご当地グルメ!素材で楽しむハンバーガー&サンドイッチ
これぞホンモノのB級ご当地グルメ!素材で楽しむハンバーガー&サンドイッチ

最初にご紹介するのは、和歌山県にある『パン工房 カワ』さんの「紀州梅バーガー」。毎年鳥取で開催されている「全国ご当地バーガーグランプリ」で見事グランプリをとった人気のご当地バーガーです。紀州うめどりのむね肉で作ったチキンカツと一緒に、紀州南高梅と、梅ピクルスで仕上げたタルタルソースを、これまたこだわりの八穀バンズで挟んだこのバーガー。一見ミスマッチにも思えますが、ジューシーなチキンカツと塩分控えめのさっぱりした梅干しの組み合わせは絶妙です。

2:黒豚パテがジューシー!ご当地感満載の種子島バーガー

これぞホンモノのB級ご当地グルメ!素材で楽しむハンバーガー&サンドイッチ
これぞホンモノのB級ご当地グルメ!素材で楽しむハンバーガー&サンドイッチ

国道沿いに建つ、赤いコンテナの建物。こちらが地元のみならず、観光客にも人気の『TANEGASHIMA BURGERS』です。おすすめは「種子島バーガークラシック」。安納芋を食べて育った種子島の黒豚で作ったポークパテはとてもジューシー。チェダーチーズとともに、地元で育ったフレッシュなトマトやレタスなどもふんだんに使用されており、まさに種子島を食せるバーガーです。他にも種子島近海で獲れた新鮮なトビウオを使用したフィッシュバーガーも人気です。

3:メインは玉ねぎ?玉ねぎカツが美味しいあわじ島バーガー

これぞホンモノのB級ご当地グルメ!素材で楽しむハンバーガー&サンドイッチ
これぞホンモノのB級ご当地グルメ!素材で楽しむハンバーガー&サンドイッチ

淡路島と四国を結ぶ大鳴門橋のたもとにある『道の駅 うずしお』。こちらにある『あわじ島バーガー 淡路島オニオンキッチン 本店』の「あわじ島オニオンビーフバーガー」は、第3回全国ご当地バーガーグランプリで1位になった有名なバーガー。その名の通り、地元淡路島産の玉ねぎを使用した厚み約8㎜のカツがメインという、ちょっと珍しい一品。甘辛く煮た淡路牛やトマトソースとの相性も抜群で、より玉ねぎカツの甘みが引き立ちます。

4:食べるのがもったいない!可愛さ抜群の小倉イチゴサンド

これぞホンモノのB級ご当地グルメ!素材で楽しむハンバーガー&サンドイッチ
これぞホンモノのB級ご当地グルメ!素材で楽しむハンバーガー&サンドイッチ

名古屋市にある『Bon Materiel』は、フルーツサンド専門店。ご当地愛知・岐阜のフルーツを使い、生クリームと一緒に食パンに挟んだフルーツサンドは、その味もさることながら見た目も可愛いと大評判!中でもおすすめなのが「小倉イチゴサンド」。こだわりの北海道産の小倉と生クリームで甘酸っぱいいちごを挟んだ、まさに名古屋らしい一品です。10種類近くのフルーツサンドがありますが、店主さんご自身の手作りなのでどれも数量限定。売切れることもあるので、早めのGETをおすすめします!

5:地元素材のイタリアンを、お洒落で美味しいコッペパンで

これぞホンモノのB級ご当地グルメ!素材で楽しむハンバーガー&サンドイッチ
これぞホンモノのB級ご当地グルメ!素材で楽しむハンバーガー&サンドイッチ

庄内イタリアンとして有名な「アル・ケッチャーノ」の奥田政行シェフが開いたベーカリー『地ぱんgood ~TOTSZEN terroir~』。山形産の小麦や庄内産はえぬきなど、地元の食材を大切にし、使用したパンを作っています。なかでも「グルメコッペパン」は「アル・ケッチャーノ」の料理とコッペパンを合わせた料理風パンで、かしこまらず手軽に頂けると大人気。季節に応じて旬の食材を使用した様々なお味が登場するのも嬉しいですね!

※掲載情報は 2017/07/02 時点のものとなります。

  • 7
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
これぞホンモノのB級ご当地グルメ!素材で楽しむハンバーガー&サンドイッチ
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

ippin編集部

ippin編集部

"あの人の「美味しい」に出会う"ippinの編集部より
ギフトや手土産、ホームパーティー、ヘルシー、ビューティーなどのテーマで今の「美味しい」情報をお届けします!

次へ

前へ