【北海道】まさに「大豆界のトロ」。濃厚で、純粋な美味しい菊田食品の豆腐たち

【北海道】まさに「大豆界のトロ」。濃厚で、純粋な美味しい菊田食品の豆腐たち

記事詳細


そのままでも、調理しても◎。バリエ豊かな豆腐パラダイス

【北海道】まさに「大豆界のトロ」。濃厚で、純粋な美味しい菊田食品の豆腐たち

ドライフルーツ&ナッツアカデミー代表のYoshifumi Inoueが、本日、お薦めする商品は、だ。菊田食品の豆腐ラインナップだ。
ホッケは、漢字では「北方」とも書き、主に北海道で獲れる。秋が深まると産卵で身が痩せてくるので初秋のうちが食べごろ。資源が減ったニシン漁に代わって台頭したホッケ漁も、海洋環境の変化で近年は資源減少している。大事に食べたい魚だ。国産品のほか、より低水温の水域に済む輸入物のシマホッケもよく見かける。焼き方は「川は皮から、海は身から」と言われているほど、海水魚のホッケはまず身から焼き、こんがりとなったら皮を焼くと良いそうだ。
日本人の口を楽しませるホッケは、北海道の一部の地域では刺身でも食べられており、「白身のトロ」と呼ばれるほど脂が強い。

 

同じく北海道は、江別市野幌町で昭和24年から創業している小さな豆腐屋がある。
その豆腐のコクが、まさに「大豆のトロ」のようなのである。
菊田商店は、流通革命と供に量産型の豆腐が市場に供給されて、価格の下落とともに味も落ち込んだ中で、「安い豆腐より、美味しい豆腐」を第一に掲げて商品づくりを心掛けてきた。現在は「おいしい豆腐で、毎日の食卓に笑顔と健康を」経営指針に掲げているが、その濃厚さ、美味しさは類を見ない。まさに逸品である。

【北海道】まさに「大豆界のトロ」。濃厚で、純粋な美味しい菊田食品の豆腐たち

【この商品のココが、面白い!】
●濃旨豆腐
豆腐原料の豆乳濃度が濃いのが特徴!弊社設備で製造できる最高濃度(blix15.5)の豆乳を使用し、とにかく「濃い」。また、北海道産大豆「とよみずき」100%使用しており、豆腐用の北海道産大豆品種は従来「とよむすめ」が主流であったが、凝固性能重視で味が出にくい品種。北海道産大豆の新品種「とよみずき」は味と凝固性能のバランスが取れた新品種である。
さらに、純国産海水100%でつくった「にがり」は業界内でも珍しい。現在流通している「豆腐用凝固剤」の中で、塩化マグネシウム含有物(にがり)のほとんどが 海水に輸入塩を溶かして成分を抽出しているのに対し、「五島灘の本にがり」は長崎県五島列島の綺麗な海水から100%抽出して作られている。

【北海道】まさに「大豆界のトロ」。濃厚で、純粋な美味しい菊田食品の豆腐たち

●ヘルシーDo-Fu
北海道機能性食品認定制度「ヘルシーDO」取得。北海道庁が認定した体に良い成分が配合されている食品に認可される「ヘルシーDO」の認可を取得している。認可由来成分「オリゴノール」は低分子化して体に吸収されやすく加工された「ポリフェノール」である。大豆は、北海道江別産100%を使用した。1個あたり60gと小さな豆腐が6連パックになっているので、小分けで食べきりやすい。

【北海道】まさに「大豆界のトロ」。濃厚で、純粋な美味しい菊田食品の豆腐たち

●北海道産大豆 美ざる絹とうふ
北海道産大豆「とよみずき」100%使用し、容器を外してお皿に乗せると、食欲をそそる「ざる目」がついている。お醤油を注ぐとざる目につたい見た目がきれい。
●塩とうふ
サラダ使いにはとても便利!北海道産大豆の絹豆腐を、塩を浸した吸水布で巻いて極限まで離水させることにより、独特の「チーズのような食感」が生まれた。真空パックで加熱殺菌される過程で更に極限まで離水が進むので、家庭ではここまでの離水が難しい。究極に離水させることでこの食感が生まれる。

【北海道】まさに「大豆界のトロ」。濃厚で、純粋な美味しい菊田食品の豆腐たち

●江別の大豆でつくったうの花
北海道江別産「とよみずき」を100%使用したうの花は、真空パックで長期保存可能で便利。糖質制限の強い味方で、冷凍保存をしておきたいもの。豆乳含有率が高く、おからのしぼり加減を調整し、絞りすぎずに適度な豆乳含有率を残すことで、おから自体が美味しく仕立てている。料理はカレーパウダーと4種のスパイス、甘酒など使った炒め物。

【北海道】まさに「大豆界のトロ」。濃厚で、純粋な美味しい菊田食品の豆腐たち

●さしみ豆腐
北海道産大豆「とよみずき」100%使用し、こんにゃく粉は群馬県産特等粉を使って「さしみこんにゃく」のようなユニークな豆腐。非加熱の食感は「つるつる・ぷるぷる」で全国的にも珍しい商品だろう。
今宵はビーツのソースとハーニップの葉を炒めたヌタを乗せた。
TOPの写真は、濃旨豆腐とほうれん草のピューレを混ぜた自家製のサグ豆腐。

※掲載情報は 2019/04/29 時点のものとなります。

  • 1
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
【北海道】まさに「大豆界のトロ」。濃厚で、純粋な美味しい菊田食品の豆腐たち
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

Yoshifumi Inoue

プランナー(無添加食品専門)

Yoshifumi Inoue

学習院大学文学部心理学科、卒。株式会社三菱UFJモルガンスタンレー証券入社後、複数の企業で経験を積み、emotional tribe 代表。
食品添加物・白砂糖・小麦に対して過敏に反応する自分の体質を活かして無添加食品のプロデュースを手掛けている。2015年から全国最年少の6次産業化プランナーとして、PR企画戦略、ブランディング、海外販路開拓を軸に累計約300件の農林漁業者や企業の支援を行う。

【保有資格】
宅地建物取引士
ドライフルーツ&ナッツエキスパート

次へ

前へ