FOODEX 2019報告!感銘を受けたワタシのプロダクトアワード

FOODEX 2019報告!感銘を受けたワタシのプロダクトアワード

記事詳細


今年も大盛況だった「FOODEX 2019」(3月5日~8日開催in幕張メッセ)。FOODEX2019は、クライアントが数多く出ており、今回は計3日通った。そのくらい規模が大きく、話をしていると時間があっという間に過ぎてします。今回も、何千社もある海外企業ブースの中で、ビジュアルマーケティングの優れた商品が、やはり目に留まった。そこで、Yoshifumi Inoueが勝手に“海外企業のプロダクトアワード”を選定。特にデザインが素晴らしかったもの、美味しかった商品だけを厳選して紹介する。掲載商品はどれも実際に担当者と話をして、こだわりポイントもヒアリングしたもの。まだインポーターを探している企業もあるようなので、この機会にチェックしてみては?

ジャケ買いはCDやレコードのみならず、と思った商品

FOODEX 2019報告!感銘を受けたワタシのプロダクトアワード

●Currawong Extra Virgin Olive Oil
フォントデザイン、校正が美しく、パッケージ買いしたくなるようなオーストラリア産のEXVオリーブオイル!5つのフレーバーで、実際にチリを味見したが唐辛子の辛さとインパクトが大。唐辛子のフレーバーではなくて、実際の唐辛子を加えているので、ガツンと勢いがある。シンプルで、ごちゃつかないハイセンスなオイルのデザインが、出展企業ではNO.1だった。ハラール認証、SQF認証済みのこのオイルは、輸入をする場合、1パレットあたり34,560本(250ml)か2,268本(500ml)。さて、誰が売り始めるか楽しみだ。

イタリア食材の利点を上手に引き出しているな、と思った商品

FOODEX 2019報告!感銘を受けたワタシのプロダクトアワード

●Monti
この商品ラインナップは、デザインというよりも「レシピ構成・味」が非常に素晴らしかった。ソース、ディップの中ではダントツの美味しさ。イタリアトマトを100%使用したベースや、トリュフやポルチーニ茸といったイタリア食材が絶妙に合わさったマリアージュが感じられた。PDOを取得したバジルペーストも純度が濃くて、どんな調理にも活きそうだ。オリーブオイルもコストをかけてEXVオイルを使用する点も、食べて違いがすぐに判断できたほど。余計なものは入れない主義で、大嫌いな添加物もほとんど入らない。18~24か月も賞味期限のある便利で本格的な調理ソースだろう。
写真には出ていないが、「Truffle Pesto · 180g」、「Bruschetta Piccantina (gently spice sauce) - 180g」もかなりオススメ。残念ながら、今回は在庫がなかったが、イタリア旅行のお土産リストに是非入れたいと思う。家庭で、このソースを揃えておけば、パートナーの大満足しそうな顔が浮かびそうだ。

お子様の悩みが日本招待へのチケットに、と思った商品

FOODEX 2019報告!感銘を受けたワタシのプロダクトアワード

●Smakuri
ウクライナで手作りされる「スマクリ」というグルテン・ラクトースFREEのクッキー。可愛らしいパッケージのクッキーが素敵。今年は様々なグルテンフリーのクッキーが陳列されていたが、スマクリは圧倒的に“デザイン勝ち”。女性の目を引き、家族経営の会社だからか、温かみのある絵本のようなデザインが特徴だ。
当社の社長は、2016年からウクライナで最初のグルテンフリー、ラクトースフリーのクッキーの生産者であるそうで、実際に話してみると、「ご家族(お子様)がグルテン不耐症で、食べられるおやつを作ろうと思ったの」とのこと。母は、強し!グルテン・乳糖不耐症の人にとって、新しい楽しみが増えることは間違いない。

FOODEX 2019報告!感銘を受けたワタシのプロダクトアワード

【TIP】
さてウクライナのブースでは、可愛いクッキーのパッケージを見つけたので紹介。ウクライナは、アート・芸術センスが高い国なのかもしれない。こちらは、Grona社が製造している、昔ながらのビスケットのパッケージデザイン。こちらの商品以外の別ラインは既に日本でも販売されている。展示商品の中で、これが1番かわいかった。

FOODEX 2019報告!感銘を受けたワタシのプロダクトアワード

無添加×イラストロゴがお洒落、と思った商品

FOODEX 2019報告!感銘を受けたワタシのプロダクトアワード

TOP画像に配置したソースが、ベルギーのAUGUST&HENRI社が製造する無添加・野菜ソース(ディップ)のラインナップ。これは、料理人AugustとHenry親子が仲睦まじく、一緒にレシピを作っている姿を描いたイラストロゴ。2人で一緒に味見をしている情景に温かみがあり、お洒落で、可愛い。ベルギーのトラディショナルな食材と世界各国の材料を加えて、オリジナルのソースとして提供しているそうだ。非常にセンスが高いパッケージデザイン。数字で統一感を出しているのもユニーク。70%カカオのオーガニックのチョコレートも展示していたが、在庫がなくて、来週に投稿するベストチョコレートアワードに掲載できないのが残念だった。展示会後のメールのレスも最も早く、日本人にとって取引もしやすいのではないか。

※掲載情報は 2019/03/18 時点のものとなります。

  • 1
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
FOODEX 2019報告!感銘を受けたワタシのプロダクトアワード
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

Yoshifumi Inoue

プランナー(無添加食品専門)

Yoshifumi Inoue

学習院大学文学部心理学科、卒。株式会社三菱UFJモルガンスタンレー証券入社後、複数の企業で経験を積み、emotional tribe 代表。
食品添加物・白砂糖・小麦に対して過敏に反応する自分の体質を活かして無添加食品のプロデュースを手掛けている。2015年から全国最年少の6次産業化プランナーとして、PR企画戦略、ブランディング、海外販路開拓を軸に累計約300件の農林漁業者や企業の支援を行う。

【保有資格】
宅地建物取引士
ドライフルーツ&ナッツエキスパート

次へ

前へ