おひな祭りのお料理が一瞬で華やぐエディブルフラワー。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2019/02/26 公開

記事詳細

おひな祭りのお料理が一瞬で華やぐエディブルフラワー。

農薬不使用で高品質の食べられるお花“エディブルフラワー”

春の足音が聞こえてくる季節になりました。今回は、食卓を春爛漫に☆
“食べられるお花”EDIBLE GARDENのエディブルフラワーをご紹介します。

 

レストランやカフェなどで目にする機会の多い、エディブルフラワー。
もちろん、通常お花屋さんで売っている花をお皿に並べているのではありません。
食べることが出来る=農薬不使用や食べられる品種、またお皿に載せたときのサイズ感も大事なポイントです。

 

今回ご紹介するEDIBLE GARDENは、日本で唯一の100%農薬不使用のエディブルフラワー専門店。香り高いバラや色とりどりの可憐なお花など全国3ヵ所で栽培される国産のお花を扱っており、ミシュランガイドの星付きレストランでも使われているプロ愛用のもの。
品質の高さが魅力です。

 

中でも、AYUMIの多品種セットは、茨城県の障がい者福祉施設で栽培されており、買うことで社会貢献が出来る商品やサービスを表彰する制度ソーシャルプロダクツ・アワードにおいて、特別賞を受賞しました。

 

■福祉施設発の食用花『AYUMI』のご紹介(動画)
https://youtu.be/Gkm63DM3cAc

おひな祭りのお料理が一瞬で華やぐエディブルフラワー。

そんなエディブルフラワーをご家庭でも。
このAYUMI多品種セットには、ナデシコ・ビオラ・マリーゴールド・ペンタスなど、オーダーのタイミングで最も美しく咲いているお花がパックに入っています。
上の写真が、1パックに入っているお花。柔らかいながらも花が凛としていて、品質の良さがうかがえます。

 

マリーゴールドは、しっかりとした香りがあり、ハーブのようにお料理のアクセントとして使うことも。ナデシコやビオラ、ペンタスはお料理の味を活かしたまま、お皿を美しく演出できます。

おひな祭りごはんを一瞬で華やかに!

3月3日のおひな祭りには、お家で桃の節句のお祝いをする方も多いと思いますが、そんなときに、是非使いたいのがこのエディブルフラワー。
一瞬でお皿を可憐に表現することが出来ます。

おひな祭りのお料理が一瞬で華やぐエディブルフラワー。

お花を乗せるだけなので、2歳の娘も一緒に。
笑顔で夢中になって楽しんでいました。
飾り切りのような細かいことが苦手でも、簡単に美しく。
難しいことは何ひとつありません。

 

ちらし寿司は、ケーキのように。
実えんどう・鯛めし・海老を菱餅カラーに重ね、上に錦糸卵とエディブルフラワーをあしらいました。人数が集まる場合は、大きな器に盛りつければ、パーティでの主役の一品に。
カプレーゼも、一口サイズのモッツァレラチーズにカラフルなプチトマトとバジル、オリーブオイルとハーブソルト少々、そこにアクセントとして、マリーゴールドのはなびらをちらして。

 

ハマグリのお吸い物には、OSHIBANAのドライフラワーを。

おひな祭りのお料理が一瞬で華やぐエディブルフラワー。

色も美しく、お椀の上に浮き実として。
生花では、お吸い物のあたたかいおつゆに花びらがフニャっとなってしまいますが、ドライのものはそっと浮かべればご覧の通り大丈夫。

 

デザートは、ドームゼリーの中にお花をとじこめました。

おひな祭りのお料理が一瞬で華やぐエディブルフラワー。

娘には、梅シロップをベースに作り、大人はラム酒ベースで。
ピーチジュースや白ワインも合いそうです。

日常ごはんも、エディブルフラワーで心が華やぐ一皿に。

“ハレの日”の食卓はもちろんですが、日常のご飯でもこのエディブルフラワーがあれば、氣分も上がるお皿に大変身!

 

春の色々なお豆と菜の花を使ったシラスペペロンチーノ。

おひな祭りのお料理が一瞬で華やぐエディブルフラワー。

グリーンをベースにしたパスタも、それはそれで良いですが、ここにエディブルフラワーをプラスすると・・・

おひな祭りのお料理が一瞬で華やぐエディブルフラワー。

春爛漫な一皿に。お花をそのまま使っても良いですし、花びらを散らしたり、
使い方も自由に楽しめます。
味もお料理の邪魔をしないので、少量でも、たくさん盛りつけても。

 

空豆をペーストにしたグリーンシチュー。

おひな祭りのお料理が一瞬で華やぐエディブルフラワー。

クリームシチューは、真っ白で冬のイメージがありますが、
春の寒い日には、こんなアレンジで季節に合ったシチューに。

 

ビーツとホワイトルーと合わせピンクのシチューや、カレー粉とホワイトルーを合わせたイエローのシチューの上に、エディブルフラワーを飾っても華やかな一品になります。

 

お部屋に生花を飾ると、それだけで心が明るくなるように、エディブルフラワーがあることで、定番お料理も装いが変わり、作る時間も、食卓を囲む時間もより一層楽しくなります。

 

ハレの日、嬉しい日、ちょっと氣分を上げたい日。
食卓に食べられるお花“エディブルフラワー”を取り入れてみませんか?


■EDIBLE GARDEN
AYUMIの多品種セット 
内容量:2パック (20輪/1パック)
商品サイズ:1パック寸法 約9cm(縦)×12cm(横)×5cm(高さ)
価格:972円
https://ediblegarden.flowers

※掲載情報は 2019/02/26 時点のものとなります。

  • 5
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
おひな祭りのお料理が一瞬で華やぐエディブルフラワー。
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

齊藤美絵

ツタエルヒト。×フードマエストロ

齊藤美絵

ラジオパーソナリティとして、長年ラジオ番組やTVのナレーター、MCとして「声」で空間を彩る。その一方で、フードマエストロとして、“魅力的な食”の伝え手として活動。

特に、ハワイ産の食材・食品の魅力を伝えるべくハワイの畑や工場を周り、生産者とコミュニケーションを取り、現地の様子を伝え、その食材を使ったイベント企画やホテル・レストランへのメニューのプロデュース等を行う。

現在は、一児の母として、子供に安心して食べさせられるシンプルな美味しい食材・食品を日ごろから探求し、発信している。鰹節の魅力を伝えるにんべんだしアンバサダーとしても活動中。

次へ

前へ