【大分県】美人の湯で有名な温泉県から贈る!九州乳業株式会社の「有機豆乳」

【大分県】美人の湯で有名な温泉県から贈る!九州乳業株式会社の「有機豆乳」

記事詳細


紹介している商品


有機豆乳を使った優しい野菜ポタージュはいかが?

【大分県】美人の湯で有名な温泉県から贈る!九州乳業株式会社の「有機豆乳」

ドライフルーツ&ナッツアカデミー代表のYoshifumi Inoueが、本日、お薦めする商品は、九州乳業株式会社の「有機豆乳 成分無調整(1000ml)」だ。

 

サンタクロースといえば、4世紀ごろにローマ帝国のリュキアの司教であった聖ニクラオスだというのが起源とさている。正体を明かさぬまま貧しい家の少女にそっと施しをしたエピソードが変換されて「子供にプレゼントを配るサンタさん」という家庭の儀式へと繋がったとされている。
しかし、聖ニクラオスは司教なので司祭服を着て生活をするはずだが、サンタクロースの赤い服のデザインは司祭服とは大きく異なる。むしろ、実はあの赤い服は悪魔の服だ。つまり、邪悪な悪魔が子どもたちの元に訪れる「なまはげ」的な要素がクリスマスのイベントには本来あった。
では、現代の優しいサンタのイメージはどこから来たか。1800年代頃~、ヨーロッパの司祭服のイメージを持ち合わせていないアメリカ人が新しいイメージづけをしたことで現代のサンタが出来上がった。アメリカのタブロイド紙やクラーク・ムーア教授の詩本「クリスマスの前の晩」によって「クリスマスイブの夜にサンタが到来する」という設定を定着させた。極めつけは1931年のコカ・コーラ社が、画家のハッドン・サンドブロムにアートディレクションを依頼したことで、サンタが見事にビジュアル化されて、皆の統一認識になった。
そんな優しいサンタのひげを、サラリーマンたちが仕事帰りに無本意でつくる光景はかわいらしい。ビールが飲めない私にはちょっと憧れ的な仕草だ。先週、あるいちご農家のスムージーのレシピ監修をするため、温かいホット豆乳と甘酒を合わせて飲んでいると、マグカップ型のひげをつくることができた。ビールが飲めなくても、豆乳でできるのだ。
おまけに九州乳業㈱の有機栽培でつくる豆乳は、喉が唸る。今年の冬もオーガニックに乗り切りたい。

※掲載情報は 2019/01/28 時点のものとなります。

  • 3
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
【大分県】美人の湯で有名な温泉県から贈る!九州乳業株式会社の「有機豆乳」
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

Yoshifumi Inoue

プランナー(無添加食品専門)

Yoshifumi Inoue

学習院大学文学部心理学科、卒。株式会社三菱UFJモルガンスタンレー証券入社後、複数の企業で経験を積み、emotional tribe 代表。
食品添加物・白砂糖・小麦に対して過敏に反応する自分の体質を活かして無添加食品のプロデュースを手掛けている。2015年から全国最年少の6次産業化プランナーとして、PR企画戦略、ブランディング、海外販路開拓を軸に累計約300件の農林漁業者や企業の支援を行う。

【保有資格】
宅地建物取引士
ドライフルーツ&ナッツエキスパート

次へ

前へ