【岡山県】野生の猪の色気満載。新見市に生育する旬な猪肉だけを食べやすく!

【岡山県】野生の猪の色気満載。新見市に生育する旬な猪肉だけを食べやすく!

記事詳細


紹介している商品


臭みとは無縁。驚くことに食べやすいので、今後のお肉の選択費が増えれば嬉しい

【岡山県】野生の猪の色気満載。新見市に生育する旬な猪肉だけを食べやすく!

ドライフルーツ&ナッツアカデミー代表のYoshifumi Inoueが、本日、お薦めする商品は、有限会社ミナミの猪肉ラインナップだ。

 

平成も残りわずかとなった。神無月の南瓜パーティーが終わると、シュトーレンや苺が舞台で輝き始める師走へのカウントダウンが始まる。今年中にやり残した仕事や目標を再確認すると同時に、1年の歩み方を一旦俯瞰する。そんな慌ただしくも立ち止まる暦が霜月である。
そんな11月の第3日曜日を中心とする3日間を、仏・ブルゴーニュ地方では「栄光の3日間」と呼び、毎年ブルゴーニュワインのイベントが開催される。

 

1日目(土):利き酒騎士回の叙任式を開催。ここで、ブルゴーニュワインの普及に貢献した人々は称号を受けられる。

 

2日目(日):イベント当日。祭りのメインは「オテル・デュー」と呼ばれるワインオークション。所有するぶどう畑の葡萄で造られたワインを競売にかけることで、運営資金を捻出する企画であり、競り落とされたワインは「オスピス・ド・ボーヌ」のラベルが貼って販売される。

 

3日目(月)午餐会「ラポーレ」を開催。美味しいワインを片手に楽しく飲み歩く、後夜祭みたいなものだ。

 

このように、ブルゴーニュワインの知名度と品質向上の裏には、ぶどう畑とワイン造りの労働を、日々の祈りと同義として生活に落とし込んだキリスト教徒たちの献身的な活動があった。
これを見習い、日本の各自治体も献身的に「gibier(ジビエ)」を広めていきたいところだ。各自治体で鳥獣対策課を設置して頭を悩ますジビエ肉も、ブランディングと流通の課題解決により、ブルゴーニュワインと相性が抜群な新しいお肉の選択肢となる。

 

猪という獣を生贄にした肉料理の数々は、どこか官能的である。畑を荒らして止まない暴れん坊も、シェフの手によりドライフルーツやチョコレートを活用したソースとも相成り、女性らしい面を覗かせる。

 

牛でも、豚でも、鶏でも出せない色気とフェロモン。
官能麻薬を放出するような肉へと変身するポテンシャルが秘められているのが、国産の猪肉である。獣らしさが残った野生の風味が食欲を増長する。脂身が少ない猪のモモ肉は、もはやYoshifumi Inoueの大好物になった。
最後の平成の霜月は、ブルゴーニュワインと猪も一興だ。そんな新しい冬の過ごし方を有限会社ミナミが教えてくれた。まさに逸品である。

【岡山県】野生の猪の色気満載。新見市に生育する旬な猪肉だけを食べやすく!

【この商品のココが、面白い!】

 

1:環境が素晴らしい、奥備中新見市に生育する旬の猪のみを使用

 

岡山県の三大河川「高梁川」の源流、奥備中新見市は水や果物など豊富な自然の資源に恵まれ、冬には降雪もある気温の低い地域。この環境はイノシシの育成には最適で、秋には豊富な堅果類(どんぐりなど)が実り、冬にはその寒さを乗り切るために多くの脂をその身に蓄える。気温の低さは、完璧な血抜きを行うために必要な条件でもあり、有限会社ミナミのイノシシ肉の脂は純白で身も臭みのない上質な肉を提供する。

【岡山県】野生の猪の色気満載。新見市に生育する旬な猪肉だけを食べやすく!

2:酒粕を使用して、ワイルドに猪を楽しめる

 

旬の冬時期に獲れた個体だけをパッキングする。有限会社ミナミは野生の猪ならではの荒々しさを表現するために、あえて厚さ3cmの厚切り肉を用意。お肉を軟らかくする方法として、酒粕を使用。酒粕は、とある企業の山口県の有名酒蔵の磨き二割三分の酒粕を使用。酒粕の持つ酵素の力で肉を柔らかくさせて、芳醇な味わいが加わる。
鉄板やダッチオーブンなどで塊のまま蒸し焼きに。ワイルドなスタイルで猪を楽しむことができる。バーベキュー、アウトドアシーンで活躍しそうだ。

【岡山県】野生の猪の色気満載。新見市に生育する旬な猪肉だけを食べやすく!

3:意外と豊富な利用シーン
脂身が少なく、味が濃い赤身を利用すれば幅広い料理ジャンルに適用可能。鍋、炒め物、味噌汁は当たり前。フードプロセッサなどで細かくミンチ状にして、餃子の具や、ハンバーグなどにも調理できる。やはり、1人暮らしの方の「お1人様いの鍋」が便利か。

 

私が大好きな部位が、脂身の少ない「モモ」。
旬のイノシシで好まれるのは、脂がたっぷりとのった「ロース肉」であるが、アスリート体質の方、脂肪が気になる女性には、赤身のしっかりしたモモがお薦め。美味しすぎて、300gのモモ肉を、女性でもあっという間に平らげてしまうことに驚くだろう。

【岡山県】野生の猪の色気満載。新見市に生育する旬な猪肉だけを食べやすく!
紹介しているお店
有限会社ミナミ

※掲載情報は 2018/11/19 時点のものとなります。

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
【岡山県】野生の猪の色気満載。新見市に生育する旬な猪肉だけを食べやすく!
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

Yoshifumi Inoue

プランナー(無添加食品専門)

Yoshifumi Inoue

学習院大学文学部心理学科、卒。株式会社三菱UFJモルガンスタンレー証券入社後、複数の企業で経験を積み、emotional tribe 代表。
食品添加物・白砂糖・小麦に対して過敏に反応する自分の体質を活かして無添加食品のプロデュースを手掛けている。2015年から全国最年少の6次産業化プランナーとして、PR企画戦略、ブランディング、海外販路開拓を軸に累計約300件の農林漁業者や企業の支援を行う。

【保有資格】
宅地建物取引士
ドライフルーツ&ナッツエキスパート

次へ

前へ