【秋田県】夏の風物詩「流しじゅんさい」とじゅんさい祭り

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-

2017/06/26 公開

記事詳細

【秋田県】夏の風物詩「流しじゅんさい」とじゅんさい祭り

計200名に「じゅんさいとミズの秋田風おじや」を無償配布!

【秋田県】夏の風物詩「流しじゅんさい」とじゅんさい祭り

じゅんさいの匠、Yoshifumi Inoueです。

 

本日、お薦めする食材・食イベントは、秋田県三種町にて年に1回開催される、「じゅんさい祭り」です。今年は6月18日に開催されました。

じゅんさいとは、水面に葉を浮かべる水草の一種です。 淡水の沼に生息していて、新芽が食用として摘み取られます。透明なゼリー状のヌメリで覆われていて、不思議な食感。 汚染された水の中では、じゅんさいは生きることができないので、流域、水質が綺麗であるパロメーターとなっています。

 

秋田県三種町は世界遺産白神山系「素波里」、出羽山系「房住山」の2つの綺麗な水が流れているため、未だにじゅんさいの栽培が盛んです。そして三種町は、日本のじゅんさいの約90%のシェアを占める『じゅんさいの町』なのです。

【秋田県】夏の風物詩「流しじゅんさい」とじゅんさい祭り
【秋田県】夏の風物詩「流しじゅんさい」とじゅんさい祭り

そして、1年に1回の盛り上がりを見せるイベントが、じゅんさい祭りです。
会場は「じゅんさいの館」。じゅんさいはもちろん、三種町の生産者がつくる米(あきたこまち)、農産物、山菜、果樹や加工品などが店頭に並ぶ道の駅のようなスポットです。
メインイベントは、流しそうめんならぬ、「流しじゅんさい」!流れの早いじゅんさいを箸で掴むのは、かなり難関。地元の方々と一緒に盛り上がりました。

【秋田県】夏の風物詩「流しじゅんさい」とじゅんさい祭り

当日は、秋田のよさこいや、バンドなどが集まり、10:00頃から大盛況。今回は、じゅんさいの匠として200名の来場者に「じゅんさいとミズの秋田風おじや」を無償提供いたしました。つくり方は、ドライフルーツ&ナッツアカデミーのFacebook内にて動画で公開しています。

【秋田県】夏の風物詩「流しじゅんさい」とじゅんさい祭り

2017年1月から、私は秋田県三種町から最年少のじゅんさいの匠として認定を頂き、 ボランティアでじゅんさいの国内・海外へのPRを目的とした普及活動をスタートしています。いわゆる、「じゅんさい大使」です。皆さまにも、じゅんさいの美味しさを知って頂きたいので、今後もイベントを企画していきますので、ご支援を宜しくお願い致します。

※掲載情報は 2017/06/26 時点のものとなります。

  • 4
ブックマーク
-
ブックマーク
-
この記事が気に入ったらチェック!
【秋田県】夏の風物詩「流しじゅんさい」とじゅんさい祭り
ippin情報をお届けします!
Twitterをフォローする
Instagramをフォローする
Instagram
Instagram

キュレーター情報

Yoshifumi Inoue

プランナー(無添加食品専門)

Yoshifumi Inoue

神奈川県生まれ、学習院大学 心理学科卒。
(株)三菱UFJモルガンスタンレー証券入社後、ドライフルーツとナッツの効能とルックスに魅了され、
ドライフルーツ&ナッツアカデミーを設立。現、INNER HOSPITALITY代表。
自分の体が食品添加物・白砂糖・小麦に対して過敏に反応を示すことを活かし、
無添加食品のプロデュース・監修を手掛ける。
一方で、全国で最年少の「6次産業化プランナー」として全国の生産者を支援。
商品のブランディング、PR戦略の立案、海外販路開拓などを主とする。
「ココロとカラダにおもてなし」をコンセプトに美容・健康にポジティブな製品だけを推薦していきます!

<資格>
・ドライフルーツ&ナッツ エキスパート
・ローフードマイスター検定1級、青汁マイスター
・宅地建物取引士

この記事をシェアする

次へ

前へ